【ニューズウィーク日本版】中国は「GDPアメリカ超え」を諦め、ゼロコロナを突き進む

政治

引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1667433041/

習近平はこっそりと野望を放棄していた。人口減少の危機が迫り、成長減速の構造的な主因は放置。「来年後半まではこの状態が続く」と専門家。さらにはアメリカの規制が中国のAIやEVの産業を衰弱させるだろう

アメリカに追い付け、追い越せの夢は捨てたのだろうか。

10月に開かれた中国共産党第20回全国代表大会の初日、政治報告に立った習近平(シー・チンピン)総書記の口ぶりからは、経済成長の減速という現実を受け入れ、建国100周年に向けた長期計画の見直しを余儀なくされたことがうかがえた。

中国政府は2049年までに「全面的な社会主義現代化強国」を築くという壮大な目標を掲げており、その前段として2035年までに国民所得を引き上げ、経済規模を倍増させるとうたっている。

多くのエコノミストによれば、この「2035年目標」を達成するためには最低でも年率5%の経済成長を維持する必要がある。

この5%という数字は、以前ならかなり現実的な目標に見えた。それを続ければGDPでアメリカを追い越すのは時間の問題と思えた。

世界銀行によれば、2021年のGDPはアメリカが約23兆ドルで、対する中国は17兆7300億ドルまで追い上げている。

「社会主義現代化の基本的実現」を目指す2035年目標は2年前に発表され、15年あれば達成可能とされていた。しかし今回の政治報告では、そこまで勇ましい発言はなかった。

2年前の習は、2035年までにGDPの総額と国民1人当たりGDPを倍増させるのは「完全に可能」だと言っていた。だが今回、GDP倍増に関する言及はなかった。

シカゴ在住の経済アナリストで、米ポールソン研究所の研究員でもある宋厚沢(ソン・ホウツォー)はこの点について、中国政府は「世界一の経済大国になるという野望をこっそり放棄」したらしいと評している。

2年前の2035年目標ではGDPの総額と国民1人当たりGDPの両方について具体的に言及したが、「習は今回の報告でGDP総額に言及せず、国民1人当たりの所得に関する新たな目標にしか触れていない」と宋は言う。

なお2035年目標の起草時には、2020年に実施された国勢調査の結果がまだまとまっていなかった。

「当初のGDP目標を断念した理由は、主として2つある」と宋は本誌に語り、こう続けた。

「まずは中国政府が、自国の人口減少が想定よりも早く始まりそうだという事実に気付いた。人口が減り続ければ、高い成長率の維持は難しい」

「第2に、GDPの増大という目標が以前ほど重視されなくなった。5.5%成長の目標が達成されなくても構わない――今はそう考えているように思える」

(略)

ここ数年は、習のこだわる「ダイナミックなゼロコロナ政策」が民間の中小企業を苦しめ、その生産性を押し下げ、多くの倒産や若年層の失業率悪化を招いているとの批判もある。

「ゼロコロナ」の縛りのために、党大会の始まる1週間前からは中国各地で約2億人が、何らかの行動制限を課されていた。町全体、あるいは地域を限定したロックダウンが実施され、国内外の旅行者に対する強制隔離措置も継続された。

香港では9月に、新型コロナ関連の規制が緩和された。今は香港政庁も中央政府の言いなりだから、香港で規制緩和が始まったなら本土の各地でも規制が緩和されるのではないかという淡い期待も浮上したが、そうはならなかった。

何しろ、「ゼロコロナ」には習のメンツが懸かっている。だから新規感染をゼロに抑えるという政策には完全な成功が求められ、妥協の余地はない。つまり、この政策は今後も続く。そのことは、習も政治報告で明確にしている。

(略)

さらにシューは「成長減速の主因は不動産部門の構造的な問題にあり、これが十分に解決されない限り、以前のような成長率に戻ることは難しい。それくらいは習も理解している」と言う。

(略)

外的な要因もある。米商務省が10月7日に発表した対中輸出規制の強化だ。先端的な半導体を製造するアメリカ製の製造装置を中国企業が入手できないようにする措置が含まれている。これに対する政策的な対応を、中国はまだ打ち出せずにいる。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e3449e6846dfa88bb56ecfb8611d8c632297bd7?page=1

この記事への反応
ファイザーのワクチン買えばいいのに
中共にとってアメリカどうこうより格差が開いて人民が大暴れするのが
なにより怖いのです 一帯一路や世界で利権を確保してんのは人民を飢えさせずになんとかやりくりするためだから
そして、新型コロナウイルスに対して免疫がほとんどない13億人が誕生するんだな。
開放した途端、患者爆誕だろうな。
政策スライダーを閉鎖社会に動かしたか
諦めなくても、勝手に超えるだろ
人口減少突入したんで
アメリカを抜こうとするとキンペー政権が倒れるからだよ
ゼロコロナで人民を統制していかないと保たない
台湾侵攻でできるの?
キンペーw
ミサイルと無人機で攻めるかもしれん
追いつくも何も「そのアメリカにぶっ殺されてる」最中やんけw
ゼロにできる能力があるなら
最初から武漢から世界にそれを解き放ったりしないでしょう。

過去の過ちを無かったことにしたいとゆー無駄な足掻きにしか見えない。
実際そうなんだろうし。

昔は保八といって成長率8%切ると失業で暴動が起きるとか言ってたけど、3%でもマイナスでもOKという自信つけたんだろ
中国では、まだヤバいウイルスだという設定でしょう
国民を統制するには使えるし
まあヤバいのはヤバいけど、風邪だよなw
そのまま鎖国しておいてくれ
日本にいるやつらも引き取って
自分らでコロナ拡散させといてこのオチw
コロナを理由に統制して軍事作戦を始めるのじゃねえの?
景気悪くなろうが当局周辺が豊かなら何も変わらんしな
制御効くよう民間を弱体化させる方向に舵きったんだろう
ゼロコロナは建て前で
実態はゼロキャピタリズムだからなw

不動産バブルと崩壊は全部、資本主義化のせいにして
共産主義に回帰するための革命的政策なんだろw

まぁ人口も インドに来年 抜かれるし

一定レベルまで追い上げるのは 独裁体制の方が有利かもだが
本当の超大国になり 発展するためには 国民の自由な活動が必要。
国内向けの警察力にエネルギーを割かれるし。
モノが言えて 政策の変更も出来る体制でないと、新しいモノが創造できないし。

伸びたのは外資と半々の合弁のおかげだし外資が撤退すれば残るのはドンガラ
自滅してくれるんだったら、有り難いことじゃ
日本にとって、世界にとっても喜ばしい事
ゼロコロナを突き進んでほしいw
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました