【中央日報】闘争掲げる中国、韓国に対する「根に持つ外交」懸念

政治

引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1669170281/

習近平3期の韓中関係はどうなるだろうか。成均中国研究所が排出した学者10人(カン・スジョン、キム・ドギョン、キム・ヒョンジュ、ソ・ジョンギョン、ヤン・チョル、イ・ギヒョン、イ・ヨンハク、イ・ジュヨン、イ・ホンギュ、ファン・テヨン)は韓中関係が周辺化する現象が起きるかねない点を懸念する。

まず習近平主席が「あえて闘争し闘争がうまい(敢于闘争善于闘争)」闘争精神を強調しながら米国の中国牽制と圧迫に積極的に対応することであり、これにより今後米中の戦略競争はさらに激しくなる見通しだ。

中国は特に改革開放路線と決別しアイデンティティの政治を強化することにより民主主義国家とは「価値の距離」をさらに広げ協力空間も大きく減らすものとみられる。このように先進国との関係が悪化する状況で中国は周辺国と開発途上国を懐柔し米国の鋭鋒を避けようと考えるだろうが、韓国や日本など隣国が米国便乗を明確にする場合、明示的または暗黙的報復を通じて局面転換を試みる可能性がある。

中国としては韓国の戦略的重要性が気にかかるだろうが、韓日が米国側に立つなど関係の構図が明確になる場合、韓中関係が周辺化する現象が起きかねないということだ。特に闘争精神と闘争能力を強調する中国が「根に持つ」外交を繰り広げる可能性が高い点は懸念事項だ。

韓国の中国研究の方向性と関連し中央中心的な見方にだけ限定せず地方と市民社会などもう少し多様な主体の立場と見方で研究が進められなければならないという診断も出てきた。個別の国の国益を超え地域主義と多国間主義の見方と実践が重要に言及された。また、西欧主流の見方と対抗する中国に対する内在的接近と批判的中国学の伝統を続けさせる必要性が提起された。

11/23(水) 11:18配信
中央日報日本語版
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf9bb88ff7a2d9ad3c0f71b26385c0cc335b9351

この記事への反応
おまいう
そこで「恨」の起源主張ですよ
根に持つのと、筋違いのところで意趣返しするのと
共に特亜の基本では?
懸念なんて無用です。確信してね
自己投影ですな
なんか勝手に韓国と日本を並べているけど
韓国は日本が中国の縄張りから日清戦争で切り取って作った国だから
全く違うポジションの国だよ
中国にしてみたら、西欧諸国に奪われた元領土って感じだしね
しかも中国の中央に繋がる地方の省では無く、属国という穢れた土地
まーた投影しちゃう病気が始まったよ
最後の段落は、何なの?

いきなり訳わからんポエムが始まるんだが…

これが南朝鮮の今後の戦略ってことでいいのか?(笑´∀`)

要約すると、韓国政府としては米国同盟の立場から親中を続ける事は出来なくなりそう。
だから市民レベルで親中交流をして宗主国様の機嫌を損なうなってポエム
これから韓国は日米中北から同時に棍棒で後頭部を痛打されることになる。
コウモリさんさようなら。
韓国も今一つ中国を信用できていないようだ
そこに日本が付け込む隙がある
思い切った政治判断で今こそ韓国を味方につけるべき
よく言うよねーw
中韓関係の周辺化ってのがよくわからんな。
中国が朝鮮人なんかにびびるわけ無かろうw
こればかりは日本は中国に学ばないといけない
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました