【衝撃】精神的トラウマ、世代を超えて遺伝することが判明

ネタ

引用元:https://mi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1655590971/

第二次世界大戦末期に起こった深刻な食糧危機。この「オランダ飢餓」とも呼ばれる危機の影響による病的な形質が、子世代はおろか、孫世代にまで”遺伝”している可能性があることについて、前回の記事でご紹介した。
※略

■世代を超える記憶
さて、話を「オランダ飢餓」に戻そう。まず、母親の飢餓状態の子世代への影響であるが、これは胎児期において形成されたエピジェネティクなクロマチン状態がその後も維持された結果であることが、近年の研究から強く支持されている。
2014年にはオランダ・ライデン大学のグループが、胎児期に母親が飢餓を体験した48人のゲノムDNAのメチル化状態を大規模に調査した。
その結果、DNAメチル化状態に異常が見られた領域が181個みつかり、それらに影響されると考えられる遺伝子の多くが成長促進や臓器形成などの発生に関するものだった。
(中略)
しかし一方、持っている遺伝型とは独立して、親世代の形質が次世代へ伝わっているように見える現象は、実は多くの生物種で古くから知られていた。
たとえばエピジェネティクスという言葉を提唱したことで知られるコンラッド・ウォディントンは、ショウジョウバエに化学物質や熱ストレスをあたえ続けるとハネの模様が変化し、それは世代を経るうちにストレスがなくても変化するようになることを1940~1950年代に報告している。
この古典的な例は、厳密にはDNA配列の変化をともなった遺伝的な変異か、あるいは獲得したエピジェネティクな情報が後代に伝わったのか峻別できていなかったが、
2010年を前後してこういった「獲得形質の遺伝」の分子機構が本格的に明らかとなっていった。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/95865

この記事への反応
ラマルク、ルイセンコは偉大だ
整形も遺伝したら楽なのに
なんかトンデモ科学っぽいな
どこが
お前らがわけもなく特定のものを不快に感じたり、どこか生きづらいと感じるのはじいちやんばあちゃんが体験した恐怖が刻み込まれてるからかもしれないね😹
よかった遺伝子に支配されてなくて
すげえな
突然変異を待たずエピジェネティックに変化していくとなると思ったより進化は速いな
蛇、ムカデ、ミミズみたいな生物って予備知識なしで見ても気持ち悪い、不気味って思うんじゃないかと思うんだけど、
これが先祖のトラウマなんじゃないか
大抵の動物ってヘビを異常に怖がるけど永続的に遺伝子に刷り込まれるとかどんだけ被害あったんだろうな
恐怖を与え続けることで自己進化を促せるんだな
これって言いようによっては身体的トラウマじゃね?
ネズミさんかわいそう(´・ω・`)
甲子園のサイレン聴くとビクッとするのは空襲のトラウマってことか
理系で考えなくても文系で考えれば生活常識でしかないわな
トラウマの連鎖なんて
あらゆる物事を文系か理系かで判断してそう
後天的に獲得した物を継承出来ないと毒虫を避ける鳥みたいなのは生まれないでしょ
なぜか避ける個体が生き残ってる可能性は?
ルイセンコは正しかったのか
マウスのような哺乳類でも逆転写無しでRNAが遺伝子になり得るって話か
DNA設計図の内容は、一世代目の恐怖苦痛の経験程度では、データ変更できない。

ブラウザのネット閲覧履歴のような
DNAメディア読み取り使用履歴(特殊なRNA製のブックマークやメチル化)は、
子孫に伝わる可能性があるが、
研究中で全容解明できていないので、
全貌はこうだと体系的に説明するほど知見がまだまとまってない。

ヒヨコから育てたニワトリ飼ってたけど
虫取り網で捕まえた事ないのに、虫取り網見ただけで悲鳴上げたり逃げてた
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました