青木宣親(48) 引退発表

ネタ
スポンサーリンク

引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1652369033/

2030年、大城卓三は、引退を考えていた。――小説ジャイアンツ「男たちの黄昏」

2030年7月神宮での3連戦。去年シーズン途中に故障で戦線を離脱したエース戸郷の復帰戦、シュート回転気味のストレートのあの伸びを信じきれなかった。
あれだけ苦楽をともにしてきた後輩の底力を信じてやれなかった。代打で登場した青木宣親。
右打者なら躊躇なく泳がせて三振にとりにいっていただろう。
けれど、48歳になってまだ現役で活躍する大ベテランがその逃げる気持ちを見逃すはずがない。
わかっていたはずなのに。打球は歓声のなかに消えた。
その歓声が試合を決めた。そこまで全盛期を思い出させる見事な投球だっただけに、キャッチャーの大城の心を折った。
これは試合の流れどころか、ペナントの流れすら左右してしまう。
悔しそうに下唇を突き出してスコアボードを眺める戸郷の背中が遠い。

気がつけば2020年の日本一から10年ずっと、正捕手の座を守ってきた。37歳。誰がここまでの成長を当時想像しただろうか。
2025年にキャリアハイの打率.3487を記録して阿部慎之助の全盛期を抜いたのは自分でも出来過ぎだと思ってはいる。
だがそれからの努力は見事だった。量子コンピュータを駆使するデータ分析のチームを台湾から呼びよせ「直感型ID野球」を完成させた。
瞬時にあらゆるデータを解析する。そこに自身の性格や球場の湿度やあらゆる不確定要素を加えて最適解を出す。

https://web.archive.org/web/20201101104957/https://news.yahoo.co.jp/articles/b6644c7f0d25d4888a3dbe7577ab2b369c5282a8

この記事への反応
ヤフコメにすら苦言を呈される出来
この10年、野球を楽しめていただろうか。結果だけ振り返ると原監督から阿部慎之助監督になりV3を達成した。 FAで移籍してきたガルシアの荒れ球に何度試合を壊されたか。調子を崩したあとの中川をカバーした増田の西武からの移籍がなかったらどうなっていたか。
ロッテへ移籍した小林が引退する時の言葉はトゲのように胸に刺さったままだ。4000本安打目前で怪我をした坂本勇人の不在とチームの低迷。
阿部慎之助の昭和なスタイルに世の中がバッシングを始めたときはそのバットでノイズを吹き飛ばした。
期待されたドラ1の投手たちは芦名見(2023年ドラ2)を除くとほとんど育っていない。その責任をずっと感じている。
二刀流をあきらめて投手に専念してくれた戸根がストッパーとして機能しなかったらと思うとゾッとする。とにかく野球だけの10年だった。
ガルシアの下りホント好き
これほんま鳥肌立つ
タクミー♪
> 期待されたドラ1の投手たちは芦名見(2023年ドラ2)を除くとほとんど育っていない。
面白いのここだけやな
48?!
来年のドラ2きまっとるやん
カッパが後3年いると思うと凄い話やで
芦名見はドラ1かドラ2かどっちなんだよ
ハズレ一位をドラ2と勘違いしてる説
2020年の日本一とかいう歴史修正主義を許すな
共感性羞恥
毎日立てろ風化させるな
これ好き
似たような時期にあったトイストーリー打線はバズ岡本だけ好き
タクマー♪
坂本は3000本いけますかね
ガチで記事にしててくさ
やっぱこういうひとって同人誌とか好きなんやろか
地味にやべーやつにされてる岡本
あのヤフコメですらボロクソ言われたのほんま草
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました