【衝撃】俺の姉が狂った話をする・・・・・・・

ネタ
スポンサーリンク

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1614843483/

俺が19の頃、姉が大学を卒業して就職し家を出た
が、それから1年も経たずに家に戻ってきた。

姉いわく、会社がクズ、同僚がクズ、上司がクズと
いわゆる私は悪くないアピールを毎日繰り返していた
どうするのかと問うと「わからない」「攻め立てるような真似をするな」とキレた

結局家に居着いて仕事をしなくなったのだ
このままニートになるかと思っていたのだが―――

この記事への反応
姉には学生時代から付き合っていた彼がおり
その彼は就職先で上手いこと馴染んでいた。
世間一般より少し良い給料を貰っている彼を頼り姉は改めて家を出た。

引っ越しの日、母親は「もう少し将来のことを考えて行動しなさい」と叱り
父親は「相手の方によろしくな、結婚するならちゃんと挨拶にきなさい」と励まし
俺は激励した

その4ヶ月後に姉はまた帰ってきた―――

いちいちダッシュで終わるの笑っちゃう
ちょっと本当っぽい面白そうだからあんまり創作入れんなよ
姉いわく「あいつもクズだった」とのことだ
細かい理由を聞いても支離滅裂で全く理解できなかった
わかったのは彼が職場の先輩と良い関係になり姉が邪魔になったことだけ

被害者意識たっぷりの恨み言を聞かされたが
どうせ姉が働きもせず家事もろくにできず、その上ワガママ言って追い出されただけだと思う。

姉は部屋に引きこもり毎晩妙な叫びを上げ、風呂にも入らず汚臭を撒き散らしていた

そんなことが続いたある日―――

書き溜めとけよぉ
サバイバルのアキコさんかな
装飾系男子www
みんなの横槍レスに笑ってしまうwwwwww
姉が婚活を始めたのだ。
本性を知っている俺のフィルタを通しても顔と体だけはまぁまぁ普通の姉である。
マッチングアプリに登録しただの結婚相談所へ相談しただの聞いてもいないのにベラベラと食卓で話す姉。

両親は苦笑いしながらも応援した。
卵焼き一つまともに作れない女が「女は家庭に入るべき」と宣っていた。

恐らく盛っているプロフィールと自慢の決め顔写真がきいたのか
数人の男とマッチングし意気揚々とデートを繰り返す姉

俺が一人暮らしを始めようと準備していたころ
それは起こった―――

─────力が欲しいか
姉は二人の男と同時に交際を始めた
一人は太めの中年
もう一人は痩せていたが頭を剃っていた。

写真を見せながら姉は言う。どちらも情熱的なアプローチをしてくるイケオジだと
学生時代ジャニーズにキャーキャー言ってた女がイケオジとか言い出したのだ
考えるまでもなく、「条件」が良かったのだろう

両親は不安げだった。俺はどうでもよかった
俺の引っ越しが近くなったころ、姉が頭をそってる方を家に連れてきた―――

きっつ
礼儀正しかった。初対面では帽子を脱ぎ、俺や両親に深々と頭を下げた。
歳は46歳、不動産会社勤務、離婚歴有り。

「真剣にお付き合いをさせていただいております」その言葉と表情は真剣だった。
鼻高々な姉が横にいなければ絵になっただろう
その晩、両親と一緒に軽いおもてなしをして話を聞いてみた―――

もう狂ってるのかこれからなのか
彼には娘がいた。親権を元嫁に取られてしまったらしい
コブ付きなら姉は選ばなかったであろうことが分かる
両親は答えたくないであろうことを次々に聞いた

「年収は?」「資産は?」「借金は?」「娘のどこがいいの?」「この子家事できないわよ?」

自分で言うのもあれだが俺の両親は他人を気遣うタイプではない
だが俺の目には娘を心配しているというより良心的な彼を気遣っているように見えた
両親の思いを察した俺は色々と要約して質問した

「あんたこんなのと再婚して本当にいいの?」

姉は終始俺たちを睨んでいた―――

彼は箸を置き、真剣な表情で答えた
「はい、娘さんとは結婚を前提にお付き合いをさせていただいております。良いところも悪いところも分かっております」

瞬間、俺の目にもイケオジに見えた
若い女の顔目当てではないのか、今後のことを真剣に語りだす
まぁ同居にも抵抗がないと言った時に姉の顔が歪んだのを俺はちゃんとみていた

食事の後、イケオジは帰っていった
両親は最初と違い好印象、姉はニヤニヤとしていて気持ち悪かった
俺は引っ越して一人暮らしするからどうてもいい

そんなこんなで俺が引っ越して7ヶ月後
姉から結婚式の連絡がきたのだが―――

俺は有給を申請して姉の結婚式へ参加した

それはそれは盛大であった。義兄は普通に金持ちだった
実家が金持ちだった
家柄を戦闘力で例えるならクリリンと18号の結婚である。

「二人のであい~そして~」という誇張されまくったムービーで知ったが
姉は職場で辛い目に会い、絶望していたところ義兄に出会ったという気持ち悪いストーリーができていた
相手方は妻と離婚し絶望しているところ姉に出会った。これは運命でした―などと言う内容だった。

俺は鼻水を必タヒに堪えた―――

ツンデレオチだった……
結婚式が終わり、号泣する父を他所に相手方の家族へペコペコ頭を下げる母
俺はさっさと帰ったが、後日記念品として姉と義兄のプリントされた皿が送られてきた。そう、ゴミである

そんなめでたい日から1年も過ぎた頃、姉が出産したと連絡がきた
元気な男の子と聞いて安心した。女の子なら姉の悪い部分が強く遺伝したかもしれん
俺は忙しく、お祝いを言うだけで済ませたが

この子が後に大きな問題となる―――

まだ続くのか
別の男の子供だった。などという最悪な話ではない
正真正銘、姉と義兄の間の子供である。

後で両親から聞いたが、姉は子育ての知識が完全に0だった。
専業主婦となり、炊事洗濯掃除&子育てというハードなスケジュールを姉がこなせるか
答えはNOだ。どれも中途半端で義兄の食事すら毎日用意できないほどだった
義兄はベビーシッターや家事代行を提案したが姉にもプライドがあるのか全て断った

ではどう解決するか。答えは簡単、両親に丸投げである
「家事が大変だから預かって」と両親の自宅へ頻繁に息子を預けるようになったのだ
正月に俺が家に帰った時も赤ん坊をあやす母がいたが、姉はいなかった

流石に駄目だろうと思った俺は義兄へ連絡したのだが―――

こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました