ゲームで出会った女とホテルまで行った体験

ネタ

引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1606978421/

暇だから書かせてくれ
この記事への反応
まずその女との出会いから書こうと思う

書き溜めしてないからちょい投下遅いけど我慢してくれ

3年前俺は友人に進められPS3を購入したんだ

買ったはいいが何をしていいかわからない俺は
友人が話してたPSHOMEを起動してみることにした

PSHOMEに入ったのはいいが勿論初期服に初期顔
周りはボンバーマンやら凄いアバターがいたのを覚えている

友人はバイト中なので相談することもできずにぼ~っと他人の会話を聞いていた

5分くらいぼ~っとしてたら2人の女アバターが声をかけてきた

ま、まさか、、、逆ナン!?とテンパリそうになるが
友人の予備知識でネットの女アバターはほとんどがネカマ(中身が男)が多いと

そのおかかげで冷静に対応することができた

その時の会話は曖昧にしか覚えてないから間違ってるかもしれん

女A「お1人ですか?」
俺「あ、そっす」
女B「初期アバに話しかけてどうすんのwww」
俺「・・・」
女A「だって明らかに初心者で可哀想だから教えてあげようと思って・・・」

女Aは天使か・・・エンジェルや
それにくらべ女Bテメーはだめだ

そこから女AがPSHOMEでの知識などを丁寧に教えてくれた

女A「まず服を買えばいいと思うよ~」
女A[お金チャージしてる?」
俺「いや、今日PS3買ったばかりだからまだ・・・」
女B「さっそくHOMEとかw」
俺「・・・」
女A「じゃあまずはお金チャージからだね!」

そして俺はお金をチャージしに行く為にゲーム終了した

勿論女Aとはフレンド登録してフレになった(Bは無視)

そんなこんなで課金してきて色々な服をみてAにコーディネートをしてもらった

女A「こんな感じでいいんじゃないかな~?」
女B「ま、いいんじゃない?」
俺「女さんセンスいいですね」
女A「服屋で働いてるからチョットはね!」

そうだ忘れてた・・・この世界はネカマが多いことに・・・
この2人は女を認識で絡んでたが、男ならどうしよう・・・

俺は単刀直入にきいてみた

見てるから早く!
俺「あの、お2人で中身は男の方ですか?」

女A「www」
女B「wwwwwwwwwww」←異常に草が多かった

女A「私は女だよw男だと思ってた?」
女B「わたしも女ry
女A[お前は男だろwww」

女Aのナイス突込みでハッキリした

いつまでも女Aでは呼びにくいから仮名

女A ゆり
女B(ネカマ) やました

ゆり「俺君は男でしょ?」
俺「男っす」
やました「オッス、オラやました。よろしくな!」

やましたを2回通報しておいた

FPSやってる女の大部分はメンヘラかネットアイドル気取り
後半になるとその部分に触れるがいい勉強になった
fpsで出会ってないじゃん
PSHOMEで出会ったの方が正しいな
そして数日後
俺はゆりが話していたFPSを購入していた

そしてゆりとフレンドだったのでゆりのパーティに呼ばれ参加した

このときの会話はVC(ボイスチャット)で行われている

ゆり「俺くーーーーん!買ってくれたんだねえええ!嬉しい!」
俺「何もゲーム無かったし暇潰しにね!」
山下「オッス!オラやましry」
お前もいるのかよ・・・

こうして俺達のFPS人生は始まった

勿論俺はFPS初心者
何が何やらわからない

まずPSコンのキノコを2つ同時に動かすなんて無理ゲ

ゆり「まずは、動くところから練習しよっか!」
山下「えー打ち合い練習した方がいいって~」
俺「いや、動く練習がしたいな・・・」
山下「お前はいつもそうだ!昔からそう奴だったよ!」
俺「お前とは出会って1週間しか経ってねぇよお!w」
ゆり「www」

こんな感じでゆり(山下)に教えてもらい序所に上達していった

そしてゆり達と出会って半年が過ぎようとしていた

ゆり「やっぱAKが一番使いやすいよね」
俺「だよな~」
山下「FAMASが1番強いっしょw俺TUEEEEE」
俺「(山下うぜぇな・・)」

だが、山下は上手い。だから文句も言えずに我慢していた

なに?BO買ったの?BO2じゃなくて?
2年前くらいだからBOだな
その数日語
山下が真剣なトーンで話始めた

山下「俺さ・・・」
俺「ん?」
山下「実はもうCODできないんだ・・・?」
ゆり「ん?どういうこと・・・?」
山下「実はさ・・・言いにくいんだけどさ・・・」
俺「なに?なんか病気とか・・・?」
ゆり「まじ・・・?どんな病気なの?」

山下「彼女できましたwwwだからもうできましぇ~んwプゲラwwゴメンゴwww」

俺・ゆり「」

こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました