東アジア反日武装戦線の桐島聡が逮捕された記念にアナキズムについて軽く書いていく

ネタ

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1706274277/

桐島の所属していた東アジア反日武装戦線っていうのは反日思想、過激テロっていう面が強くて、本来のアナキズムとは結構違っていたりするけど、一応思想的にはアナキズムを受け継いでいると自称してるから、アナキズムについて書いていくわ
何か質問があればワイのわかる限りで答えていくで
この記事への反応
アナキズムの訳語って反権威主義でええのか?
ワイ的にはそっちのほうがしっくりくるな
無政府主義っていうと国家廃絶のイメージが先行してきちゃうから、反権威主義の方がイメージ的にはあってると思う
まず、アナキズムと聞くと日本人は極左とかテロリストについて思い浮かべて危険思想をイメージすると思うんやけど、本来のアナキズムは個人自由主義なんや
Wikipedia読んで知った気になってそう
wikipediaは信頼できないから国立国会図書館の奴とかで本読んだり、古本買って読んだわ
あとは最近アナキズムについて取り扱った訳書も出てきてるからそれ参考にしたり
鶴見俊輔はアナキズムについて「権力による強制なしに人間がたがいに助け合って生きてゆくことを理想とする思想」と書いてるで
つまり元々は過激なテロ思想ではなくて、人間個人がどのように生きるかについての思想であったと思ってもらえればええ
その中で平等という面を最も重視し、平等を万人に対する平等に延長しようという考えが社会主義や
それに対して個人の自由を最も尊重し、権力に縛られることのない自由を拡大しようという考えがアナキズムやな
マルクスとかバクーニンが裕福な家庭で育ったのに対して、プルードンは比較的貧しい労働者階級で育ったんや
この経験がプルードンに反権威主義と反資本主義的な思想を植え付けたとされてるで
富裕層は社会に貢献しなければならないって思想が前提にあるやないの?
ワイが思うにそういう思想はあんまない気がするで
そもそもアナキストは富裕層の存在をあんま認めてないんや
富裕層の財産は労働者階級から盗んだものであるってプルードンは考えてたりしてるから、社会に貢献するとかそういう感じではないと思うわ
税を廃止して税を管理する政府も廃止して好きなだけ儲けて貧しい層にはキリスト教的博愛精神で寄付をするという種類のアナキズムなかったか?
すまんワイはそこらへんわからんわ
キリスト教的社会主義は知っとるけどアナキズムはどうやろなぁ
確かに面白い思想やね
プルードンは奨学金もらってパリの大学で勉強してたんやけど、「所有とは盗みである」って過激な論文出したから奨学金停止させられたりまあずっと金に苦しめられたりしてたんや
そんな時期にマルクスとかの知識人階級と接したりして思想を形成していったとも言われてるで
社会主義や共産主義や自由主義への過渡期の思想で終わったか
アナキズム自体はロシア革命とかスペイン内戦の時にも割と支持者がおって、特に労働者はアナキズム支持者が多かったんや
ただ日本の場合は特殊で、あんなテロ組織が出来上がったのは世界的に見れば革命思想が未熟だったからやな
オウムみたいなもんやろ
まあ戦後の日本のアナキズム運動はやってることも言ってることもめちゃくちゃやし正直オウムって言われても仕方ない部分はあるな
リバタリアンやけどアナキズムと親和性あるん?
だいぶ近いと思うで
リバタリアニズムの創設者も無政府共産主義者らしいし
アナキズムを現代的に解釈したような思想っぽいな
自由主義と無政府主義がごっちゃになる
そもそも自由主義とかいう範囲がガバガバすぎる思想が悪い
何かの自由を一番にしたら別の自由が制限されるのは当たり前やし
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました