【衝撃展開】講談社元次長による妻殺害の裁判、驚きの大逆転勝利きたぁぁぁぁぁー!!!…..

時事

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1669011907/

講談社元次長の「妻殺害」、最高裁が有罪判決を破棄 高裁に差し戻し [蚤の市★]

自宅で妻を殺したとして殺人罪に問われた、講談社のコミック誌「モーニング」の元編集次長・朴鐘顕(パクヒョン)被告(47)の上告審で、最高裁第一小法廷(山口厚裁判長)は21日、懲役11年とした二審・東京高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻す判決を言い渡した。今後、高裁で審理がやり直されることになる。

「もうすぐ家に帰り、子どもを抱きしめられる」 被告から届いた手紙
被告側は一貫して「妻は自死した」と無罪を主張したが、一審・東京地裁の裁判員裁判は懲役11年の有罪とし、高裁も被告側の控訴を棄却した。裁判員裁判の有罪判決を高裁も維持した事件で、最高裁が高裁判決を破棄するのは初めて。

死亡した妻は自殺か他殺か
被告の妻(当時38)は2016年8月、東京都文京区の自宅で死亡した。死因は窒息死で、1階の部屋のマットレスに妻の尿などの痕跡が残っていたほか、額には深い傷があった。

検察側は、被告がマットレス上で首を強く押さえたことによる窒息死だと主張。転落死を装うため、瀕死(ひんし)状態だった妻を階段の上から落とした際に額の傷ができたとした。

一方、弁護側は、産後うつなどで精神的に不安定だった妻が包丁を手にしたため、被告はマットレスの上でもみ合いになったと説明。その後、被告が子どもと2階の部屋に避難している間に、妻は階段の手すりで首をつったと主張した。

額の傷については、もみ合いの後に妻が動き回っている間にできたものだとし、「被告の行為で妻が亡くなったとはいえない」と反論した。

二審は一審を「誤り」としつつも…
裁判員裁判による19年3月…(以下有料版で,残り506文字)

朝日新聞 2022年11月21日 15時01分
https://www.asahi.com/articles/ASQCL6QL5QCKUTIL00R.html?iref=comtop_7_01

この記事への反応
最高裁判事「…指令通りやれよ」
まあ最高裁の判断指導に下級審は従うのが普通
死人に口なしってやつか
圧に負けんなよなあんな意味不言い訳するのに
何度読んでも意味不明だ
まあこれが他殺ならどう考えてももっと決定的な証拠出るはずだからな
逆に自殺だったとしたら自殺の証拠ももっと出てくるだろ
これほとんど報道されなかったな
この裁判官も統一教会かな
6人殺しのペルー人を無期懲役にしたのも山口厚だったな
マジかよ
6人殺して無期懲役なのに
山上は死刑当たり前みたいな風潮あったよな
無罪なんだろうけど裁判員制度の存在価値が問われるな
裁判員の裁判は、尊重すべきだね
流石に保釈が認められるかな
上級無罪か!?
ぶっちゃけ当時の証言とか記事になってるもんだけ見たらお察しって感じだけど、まだ疑わしい止まりなんかね
逆転裁判
自殺だったんだな
これ、冤罪パターンだな
死人に口なし
決定的な証拠が無ければしょうがないか
やはり差別が生んだ冤罪だったか
日本人は反省して謝罪と賠償しろ
首吊りか他殺かって検死してわからんのかな
わからなかったから他の状況証拠から認定しようとしてる
それこそ額の傷からの血
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました