【悲報】36歳まで母親に依存した結果wwwwwwwwwwww

時事

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1659401230/

presidentonline 8/2(火) 8:16

未婚男性の増加や親の高齢化で、親を在宅で介護する男性が増えている。近畿大学教授の奥田祥子さんは「親に同居してお金も家事も依存していたある独身男性の生活は、父が他界して母が体調を崩した36歳の時に一転した。母親の介護を担うようになったが、古い『男らしさ』の固定観念にとらわれて一人で抱え込み、45歳の時に介護離職した」という――。(第3回/全3回)

※本稿は、奥田祥子『男が心配』(PHP新書)の一部を再編集したものです。

■パラサイトで独身生活を謳歌

50歳時点の男性の未婚率が3人に1人に迫る非婚化時代を迎え、父親の他界後、同居する母親を一人で介護する未婚男性も増加している。このケースでは問題が可視化されにくく、深刻化する傾向が強い。

野沢信一郎さん(仮名)には親と同居する未婚男性の心理を探るため、2002年、31歳の時から話を聞いてきた。一人っ子で、父親は2年前に定年退職し、母親は専業主婦だった。

「結婚はいい相手がいればしたいが、なかなか出会いがない」と話したが、大学時代の友人や仕事関係の知り合いを介した合コンなどの場数は踏んでいるものの、逆に出会いが多過ぎて相手の女性の粗探しに終始し、なかなか交際に結びつかない。

そんな結婚したいのにできない状況に拍車をかけていたのが、家事ばかりか、食費など経済面でも同居する親に依存し、自身の収入は趣味、レジャーなどに費やす「パラサイト」生活のようだった。

「結婚したら自由に使えるお金も時間も減るから、今のうちにこの快適な生活をエンジョイしたい」と明かし、相手の女性のわがままにも付き合い、傷つくこともある女性との交際に一歩踏み出すことよりも、母親からの無償の愛に包まれた、本人曰く「快適な生活」を謳歌していた。

年齢を重ねて仕事が忙しくなる一方で、合コンはもとより、ゴルフ、スキーなど以前は好んでいた外出もめっきり減り、独身女性と交流する機会はなくなった。女性と交際する自信のなさから、結婚そのものにも消極的になっていく。

■母親への依存を思い知らされた

野沢さんの人生が少しずつ変化し始めたのは、父親が他界し、母親が病に伏してからだった。心臓病を患って手術、入院してから体を動かすことが減っていた母親が07年、自宅玄関の段差で転んで負傷し、杖なしでは歩けなくなってしまったのだ。

「母親に生活のすべてを依存していたことを初めて思い知らされて……少しずつ体が弱っていたのに気づかず、家事をさせてしまっていたことを反省しています」

■介護認定は受けず、自分で面倒を見る

08年のインタビューで数年ぶりに対面で話した当時37歳の野沢さんは、かつて悠々自適の独身生活を送っていた男性と同一人物とは思えないほど、覇気がなく、戸惑いが表情にも現れていた。以前は母親が毎日、アイロンがけしてくれていると言っていた白ワイシャツはいつもまっさらの状態のようだったが、今では所々にシワや黄ばみが目立つ。自分で手入れをするのは不慣れだが、かといってクリーニング店に立ち寄る余裕もないようだった。

外出はままならず、家事や立ち上がるといった動作も手助けなしではうまくできないという母親の状態は、軽く見積もっても要支援1には該当するとみられた。これは適切な支援を受ければ、要介護状態になるのを防ぐことが可能な状態だ。しかし、介護保険法の要支援・要介護認定を受けず、自分で母親の面倒を見ているという。

しばしの沈黙の後、思いの丈をこう吐き出した。

「はぁー、うーん……本当は……不便、なんです。前は母親が炊事、洗濯、掃除など家のことすべてを行ってくれていて、それが当たり前で、特に意識もしていませんでしたから……。家事ぐらい、やる気になったら自分でできると思っていたんですが……。仕事で疲れて帰ってきて、何もする気が起こらないんです……もう、ホント、途方に暮れているというのが本音なんです……あっ、はは」

そう途切れ途切れに話し、短い苦笑で終えた。

自虐っぽく語った「不便」は全くの嘘ではないだろうが、表情や態度からは、後悔の念を隠すためのポーズであったようにも思えた。

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/8f59c1dab56077e009fd300c76a78cfa2844ddf3&preview=auto

この記事への反応
36歳まで母親にYシャツを洗ってもらっていた独身男性が、37歳から母親のオシメを洗うなんてステキやん
50になっても親に寄生してるお前ら・・・
専業主婦が1日かけてやる家事を、仕事続けながらできるわけがない
また荒れるぞ
40代50代の独身おじさんじいさんスレは長丁場になるからな
在宅介護するにしたって介護認定は受けろよ
アホか
これ
いや、いい加減学習しろよ
下痢が銃殺されただろうが
こどおじが必死に提唱する謎理論
「介護してればこどおじじゃない!むしろ親孝行だ!」
ってこういうことだったんだな
文句があるのなら、男女共同参画の関係者へどうぞ
これのどこがニュースなんだ?
3人に一人も独身なの?
2030年には約半分が独身だよ
部屋と
親としてはこどおじは悲しいよ。
燕が巣立たずにデカい体でボロい巣にずっと居たら憐れだろう。人間も同じだ。
ここのこどおじ連中は働いてすらいないからな
目的があって、記事は作られ公開される
差し詰め、男女共同参画からの発注と言ったところか
うちの姑が弱ったら家が傷み始めた
夫婦共働きでも同じよ
お姑さんがいかにうちを維持してくれていたか思い知らされた
そりゃあ、必要とされていない制度だからな
そのような結果にしかならんわ
親が1人で死んでいればこんなことにはならないというのに
今どき介護サービス受けることに対して冷たい目なんかないやろ
自分の世話で家族が離職とか親もいたたまれんで
こちらもおすすめです
タイトルとURLをコピーしました