ネットで話題の記事をチェックしよう!

【最新トレンド】目の負担を軽減する“ブルーライト対策商品”!

 公開日時:2013年08月22日09時55分(木)
      コメント(0) 
 タグ ⇒, , , , , ,


ブルーライトをカットするPCメガネが大人気

目に良くない影響を与えると言われているブルーライト。これをカットして、負担を和らげることができるのが、ブルーライト対策商品。その筆頭がPCメガネですね。

 

最近では、メガネだけではなくディスプレイの側で処理を施してくれるものもあるみたいで…

 

賛否両論あるみたいですが、1日中PCとにらめっこしている管理人はJINZ PCを使っています。

 

ブルーライトがなぜ目に悪い?

この辺りは、JINZやZoffなんかが色々とアピールしていますが、疑似科学ではないか?と疑っている人も多いみたいです。ただ、軽く調べてみた限り、高エネルギー可視光線(ブルーライト)は目の病気・症状の原因となっているのではないか、と疑われているみたいです。様々な医学論文もあるみたいで…。

 

医学論文を読みこなせるほど知識があるわけではないわたしは、なんとなく目に悪いってのは事実なんじゃないかなぁ、って程度の認識。悪い可能性があるのであれば、避けた方が無難ですよね。

 

JINZ PCの使い勝手と効果

ジンズ(JINZ)やゾフ(Zoff)が売り出しをかけているブルーライト対策メガネ。わたしも購入しています。クリアタイプと少し黄色がかったノーマルタイプの2種類があります。わたしは日常生活でもメガネが必要ですし、かけかえるのも面倒なんでクリアタイプを選びました。フレームも好みのやつを使いたかったので、別途フレームを買ってクリアレンズを入れてもらって…

 

普通に購入すれば5000円かからないくらいで入手できるんですが、わたしの場合には15000円近くかかりました。まぁ、毎日使うものでしそんなに頻繁に買うものでもないのでしょうがない。

 

つけてみての実感。車のルームミラー越しに見ると、メガネが青く反射しています。なるほど、青い光は確かにカットしているようで。クリアタイプでもそこそこ反射するんだなぁ、とビックリ。
目の疲れ方は、心なしか良くなったかなぁ、という程度。ドライアイがひどいんで、まだ疲れ目はひどいですね。プラシーボ効果に過ぎないのかもしれませんが、思い込みで目の疲れが若干軽くなるなら儲けものじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

ブルーライトとは

 

 

引用元: 【話題】注目が高まる“ブルーライト対策商品”、その最新トレンドは?

1: 名前は開発中のものです 2013/03/05(火) 01:45:26.79 ID:olCk/nCf
注目が高まる“ブルーライト対策商品”、その最新トレンドは?
japan.internet.com 編集部
http://japan.internet.com/wmnews/20130304/8.html

パソコン、タブレット端末、スマートフォン、液晶テレビなど、日常生活において液晶ディスプレイを見る時間が増加している近年。
トレンド総研が会社員500名を対象に行った調査によると、スマートフォンの平均利用時間は平日2.1時間/休日2.6時間、パソコンの平均利用時間は平日6.0時間となり、
1日から睡眠時間6.0時間を差し引くと、活動している18時間のうち8時間から9時間は何かしらのディスプレイを視聴していることが想像できる。

そこで懸念されるのが、ディスプレイを視聴することで生じる目への負担。特に、現在消費者の間で大きな注目を集めている「ブルーライト」による目への影響だ。

「ブルーライト」とは、パソコン、テレビなどのディスプレイから発せられる可視光線の中で、最もエネルギーが高く、目の奥の網膜にまで届く青色光のことを指す。
長時間ブルーライトを見続けることは、目や身体にも負担が生じ得るという懸念も拡がっており、
トレンド総研の調査でも回答者の9割がパソコン・スマートフォンの長時間利用による「目の負担」を懸念している。

パソコンやスマホの長時間利用は目の負担になると思いますか?
このような消費者の関心の高まりに合わせて「ブルーライト対策」の商品が数多く登場している。
代表的なのは、パソコン用メガネ「JINS PC」(ジェイアイエヌ製)の大ヒットだ。

商品ジャーナリストの北村 森氏は、この「JINS PC」のヒットについて、
「近年消費者に広がっていた
“漠然とした不安”に対して、
“問題となる要素(=ブルーライト)”と、
“はっきりした解決の手立て(=「JINS PC」)”を打ち出したことで、消費者からの大きな支持を獲得したのではないか」と分析する。
パソコンやスマートフォンを長時間利用する中で、目の疲れなどを“実感”していただけに、商品コンセプトに納得感を持ってもらうことができたのだ。

一方、北村氏は大きな市場となりつつある「ブルーライト対策商品」の注目商品として、ブルーライトを発するディスプレイそのものに工夫をしたスマートフォンを挙げている。
それが、NTTドコモから発売されたスマートフォン「MEDIAS X N-04E」(NEC カシオモバイルコミュニケーションズ製)だ………

……(以下略)

 

 

 

2: 名前は開発中のものです 2013/03/05(火) 06:23:42.81 ID:jeaYhfL7
街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ♪
ブルーライトヨコハマ♪

 

3: 名前は開発中のものです 2013/03/11(月) 16:02:29.28 ID:61JMtqQw
jins最高だね!

 

4: 名前は開発中のものです 2013/05/08(水) 15:34:43.46 ID:B5qG9LsN
ブルーライト横浜

 

5: 名前は開発中のものです 2013/05/18(土) 13:01:59.17 ID:J9uN7sUj
ブルーライト 100%カット製品 はよ作れ

 

 

 

 

ホイミ速報内の関連記事

 

 


 

 

 

※コメントの反映には最大60分かかります。

 

 

人気サイトの新着記事
【画像】やまぐちりこが大分市でキャバ嬢に…60分5000円、指名料1000円
【画像】EXILEのくそダサい豹柄DQNジャージが4万円wwww
【画像】モー娘。メンバーの幼少期の写真wwwwwwww
【画像】能年玲奈の可愛さが進化しすぎた結果wwwww
おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪
水樹奈々を超えると噂の美女声優wwwwww

 

 

 

 

 

コメント