ネットで話題の記事をチェックしよう!

名古屋大病院で小児がん患者に初の余命告知 16歳少年に対して

 公開日時:2013年08月16日12時16分(金)
      コメント(0) 
 タグ ⇒, , , ,


概要

小児がんを患って余命わずかの16歳少年に余命告知がなされました(昨年)。

 

病名告知は一般的に行われているようですが、余命告知は今回が初とのこと。色々と考えさせられるスレです。

 

追悼の意

余命宣告を受けたのは当時16歳の菊本大珠(たいじゅ)さん。宣告を受けた3か月後、2013年の3月に眠るように亡くなったとのこと。謹んでご冥福をお祈りいたします…

 

小児がんと余命告知について

これまで余命告知がなされていなかったというのも少し意外ではありますね。自分がガンになったときに余命告知してもらいたいのかどうか…。自分の親や子供だったらどうなのか。普段からこのようなことを考えることも大切なのかなぁと感じます。

 

16歳といえば、まだまだ未来がずっと続くと信じている年代。病名告知は先にされていたのでしょうが、ショックは大きかったことでしょう。

 

わたしは臆病なんで「宣告されないで済む権利」というものも欲しいなぁと感じますが、残りの人生を悔いなく生きていくためにも告知していく必要もあるのかもしれません。成人の場合でも難しい問題ですが、未成年となるとなお一層難しいものです。告げるべき、告げるべきでないって一般論では語りきれない部分も大きいのかも…

 

わたしも父をガンで亡くしていますが、最後まで病名告知すらなかったそうです(90年代初頭の話です。今では考えられないことなのかもしれません)。相当重い症状だったんで、自分で調べてうすうすは気づいていたそうなんですが…。当時の父がどんな思いだったのか、わたしには想像することしかできません(想像すらできない、といった方が正確なのかも)。

 

 

 

 

 

 

 

病室のベッド

引用元: 【社会】名古屋大病院で小児がんの16歳少年に初の余命告知 終末期医療 自ら選択

1: 禿の月φ ★ 2013/08/05 07:50:43
 名古屋大病院(名古屋市昭和区)の小児病棟で昨年末、小児がんの少年=当時(16)=に
対して初の余命告知が行われた。少年はその後の治療のあり方を自ら選択。
希望に沿った終末期医療が行われ、ことし三月、十七歳で永眠した。

 未成年のがん患者への余命告知は、全国でも数少ない。同病院小児科チームは、
十一月二十九日から福岡市で開かれる日本小児血液・がん学会で発表する。 (編集委員・安藤明夫)

 少年は、愛知県碧南市、運送業菊本直樹さん(47)の長男大珠(たいじゅ)さん。
中学一年のときに、左あごに難治がんの悪性エナメル上皮腫を発症。肺と背骨に転移が見つかり、
名大病院に入院した。あごのがん細胞の摘出と強力な化学治療により、いったんは退院できるまで
回復したが、高校進学後に再発した。

 治療法はなく、抗がん剤を投与すると、しばらくは歩けるようになるものの
副作用に苦しむ状態。両親が「本人に正しく状況を伝え、これからの過ごし方を
選ばせてやりたい」と希望し、昨年十二月十五、十九の両日、主治医の
高橋義行准教授(46)が二回に分けて余命を告知した。(>>2以降に続きます)

ソース:東京新聞:(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013080502000105.html

 

 

 

2: 禿の月φ ★ 2013/08/05 07:51:00
>>1からの続きです)
 これから痛みや息苦しさが強まる可能性があり、痛み止めに二十四時間の点滴、
呼吸の苦しさには「ウトウトと眠る薬」を使うと話し、大珠さんの了解を得たうえで
「この治療を始めると一週間ぐらいで、眠っている時間がかなり長くなるので、
会いたいと思っている人、手紙を書きたいと思っている人がいたら、そうしてほしい」と説明した。

 大珠さんはベッドに横向きに寝たまま、何度もうなずいたという。
延命の人工呼吸、心臓マッサージを行わないことも確認した。

 大珠さんはその後、「友達と遊びたい」と抗がん剤治療の再開を希望したが、
効果がなく三日間で終了。さらに、自宅に近い病院のホスピス病棟に移ることも検討したが、
名大病院にとどまって病棟の友達や家族と過ごすことを選んだ。痛み止めのモルヒネの量を
増やす時も自ら判断した。三月十二日朝、眠るように亡くなった。

 高橋准教授は「小児がんの病名告知は、多くの病院で行われるようになり、
名大小児科では六歳以上の子の全員に告知している。ただ、終末期の余命告知は
どうしてもご両親がためらいを感じることが多い。本人の希望を尊重することが、
本人にも家族にも納得できる終末期につながる」と話す。(了)

 

291: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:44:37 ID:H9ZGfWT80
『全部知って闘いたい/感謝のメール、9通残す』 中日新聞より

「あの状況で、言わずに済む方法ってありえない…」
母・里子さん(45)は言葉を詰まらせながら、余命宣告当時の心境を振り返った。
抗がん剤治療の間は、水を飲むだけで吐いてしまう。
162㎝の身長で体重は35Kgを切った。足が動かなくなり、左肺の機能も失った。
抗がん剤を投与すれば歩けると、大珠さんは頑張ってきたが、効果も次第に薄くなった。

「全部を伝える事」は、大珠さんの希望だった。
最初の入院のとき、気持ちの負担を和らげようと、
背骨への移転を告げなかった。退院前に事実を知った大珠さんは、
「移転より、隠されていたことがショックだよ。
全部を知って闘いたいから、これからは隠さないで」と厳しく言った。

余命宣告で大珠さんが動揺する事はなかったという。
ただ、父の直樹さんに「人間って死ぬ時はあんなに苦しいの?」と尋ねた事があった。
病棟で亡くなった友人たちの様子を思い出し、不安にかられているようだった。
直樹さんは率直に答えた。「おまえのおじいさんも、モルヒネで痛みが取れて、
眠ったまま亡くなった。もし最期が苦しむだけの時間だったら、先生に伝えるからな」

個室に移った後も、病棟の闘病仲間らが入室を認められ、
カードゲームなどをして遊んだ。すでに退院していた子も、日曜日ごとにやってきた。
「互いに病状の事は話さず、自然に過ごしている姿に感動しました」と、
病棟の子たちを支えるチャイルド・ライフ・スペシャリストの佐々木さん(31)。

2月になって、大珠さんは、携帯電話のメール機能を使って、感謝の手紙を書き始めた。
指の力も視力も落ちる中、両親、妹、闘病仲間、幼なじみ、佐々木さん…計9通に及んだ。
送信はせず「ぼくが亡くなってから渡して」と。

直樹さんは老い。「こうした終末期を過ごせた事を感謝しています。
自ら治療を選ぶ意味を、多くの人たちに知ってもらえたら、大珠も喜ぶと思います」(原文まま・終)

 

64: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:30:21 ID:jsDfmMVS0
>>1
俺なら助かる助かると騙しつつコソーリ安楽死させて欲しいわ。マジで。
余命告知とか有難いことは何もない。自分の死を知ってからの身辺整理もしたくないね。

 

74: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:33:50 ID:oV9YKMtw0
>>64
ある程度年とってたらそれなりに諦めや達観もできるかもしれんが、10代には地獄だよなぁ
俺は30代だけど同じ状況に置かれたら冷静に自分の残り時間考えられるかわからん
たぶんできんわ

 

140: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:26:36 ID:Od067vdP0
>>1
謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

256: 名無しさん@13周年 2013/08/05 11:44:02 ID:piUg27gD0
>>1 読んでて苦しくなるな・・・ これからの少子高齢化時代に俺たちは生きる意味ってのを考えさせられる

 

385: 名無しさん@13周年 2013/08/05 21:39:46 ID:lKMmc7uM0
>>1
この写真一面トップに載ってたけど、顎から肺、背骨に転移し独特のやつれ方してたな
別の患者を見て「死ぬ時はあんなに苦しいの」と不安がる子供に親御さんが「もし最期苦しむだけの時間だったら先生に伝えるからな」と答え
モルヒネを増やすのも自分で判断し、眠るように亡くなったという
この子のおかげでオッサン は少し怖くなくなったよ

 

5: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:52:59 ID:WRYAFMby0
合掌

 

6: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:53:28 ID:9Xyo3aAx0
>長男大珠(たいじゅ)さん。

これはセーフ?DQN?

 

31: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:13:39 ID:3D5X9Z6A0
>>6
お前みたいのをDQNて言うんだ覚えとけ

 

376: 名無しさん@13周年 2013/08/05 21:16:56 ID:J+KAISsT0
>>6
この話題で名前をどうこういうのは人としてどうよ

 

7: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:55:24 ID:LTcwp5cZ0
これが本来の人間の尊厳じゃないかな、医者の都合では無く自分の意思で決める事が

 

443: 名無しさん@13周年 2013/08/06 16:23:21 ID:3Pnzb1me0
>>7
そんなんエクスキューズ付けだろ
16じゃせいぜい友達と遊びたいくらいしか言えないし
親を納得させるためのエクスキューズだなこれ

 

8: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:55:26 ID:MT0PkFSp0
死ぬなら死ぬとはっきり言って貰った方が有りがたいと思うのは俺だけだろうか?

 

13: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:58:56 ID:oBSiNyP60
>>8
まあそうだろうな。
その方が状況に合わせた合理的選択ができるわけだし。
買いたいものを我慢して老後に蓄える必要もないしな。
使うだけ使った後に生きながらえてしまうと悲惨だけど、
生き残る確率が大体分ればそれに合わせてまた合理的選択ができる。

 

10: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:57:03 ID:CTbpYTRX0
>大珠さんはその後、「友達と遊びたい」と抗がん剤治療の再開を希望したが、

せつないのう

 

11: 名無しさん@13周年 2013/08/05 07:57:27 ID:RMa8nHIX0
これはつらい

 

16: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:02:53 ID:+dbrxGBlO
でも尊厳死というか安楽死の選択肢がないから
生きているのが地獄の苦痛を、伴っていても
氏ぬまで、生きなければいけないんだよな
悲しすぎるは

 

19: 熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 2013/08/05 08:07:44 ID:ymaX23AG0
医者とかいう犯罪者詐欺師にいたぶられる度合いが減ってよかったな。
病苦のほとんどは薬物の副作用だからな。
最初の手術と化学療法もやらなければ、もっとマシだっただろう。

 

27: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:11:56 ID:iKt5hbEW0
子供の病気は辛い

 

33: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:15:16 ID:OCoh/lu10
彼の人生って何だったんだろうか
せめてあの世では安らかに

 

38: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:17:28 ID:LTcwp5cZ0
>>33
こうやって彼の決断がニュースになり、人々に考える機会を与えているんだから立派なもんだと思うよ

 

41: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:19:24 ID:7T+pVIdc0
17か。。。気の毒すぎるなあ。これから楽しいのに

 

46: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:23:28 ID:tt95VTNT0
朝から目頭が熱くなってきた

ご冥福をお祈りします

 

47: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:23:36 ID:IIXcaBM+O
15歳で遺言できるのだから、余命告知はすべき。
代襲相続等で資産がある場合だけ告知とかはおか しいし、
一般に法が身の処しかたを自分で決めることを許してるんだから。

 

48: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:24:24 ID:XG61dRKF0!
残酷だな、、
育ち盛りだと癌の育ちも速くなってしまうのかな
切ないね
親御さん大丈夫だろうか

 

52: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:25:34 ID:FRA74iO40
16歳でよくがんぱりました
立派に大人です
ご冥福をお祈りします

 

54: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:25:51 ID:RHxosdleO
死がたまたま早かっただけ 同情することじゃない 早かれ遅かれみんな死ぬんだよ 今 生きてるやつだって 明日 生きてるという保証はない

 

58: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:28:37 ID:FgpuZUoW0
医師とのやりとり会話がホスピスで母ちゃんと過ごした日々を思い出させるわ(´・ω・`)天国あるといいな

 

69: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:33:00 ID:7HrjL2d2O
うちの旦那も難治性の疾患で化学療法中だけど余命については伝えてないよ

かなりチキンだから受け止めきれなくてウツになりそうだし

16歳なのに立派だったね
御両親の気持ちを考えると息が詰まりそうになる

御冥福をお祈り申し上げます

 

72: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:33:48 ID:h5DLOrPo0
よくがんばったな
しかし16ってのは告知するぎりぎりの年齢な感じだな
義務教育ゾーンはちょっと無理だな

 

78: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:35:19 ID:iPnLasag0
まあ病名告知の時点で覚悟はできてるんだろうな
子供が亡くなるのは本当につらいな

 

83: 喧嘩王 ◆jcJKhjDW36 2013/08/05 08:39:13 ID:xOJSWqpK0
俺は尿管結石できて病院で診察受けて結果を言われる時に末期癌と言われるんじゃないかと不安で死にそうなったわwww

16歳で死と向き合うなんて周りをみたら不公平でやりきれんだろ

 

94: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:44:32 ID:FgpuZUoW0
ググったら西遊記の作者がこれで顔の骨切除してるんだな
やっぱ相当、相当なことになるみたいね…

 

96: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:45:03 ID:Ek6MHBXW0
実際俺たちにだって告知されているか、いないかに関係なく
余命は存在する。
今この瞬間も命の砂時計は落ち続けている
この記事を読んで一瞬感じた感覚を忘れるな。

 

102: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:49:01 ID:G4sCwG3p0
こんなの聞くとせめて自分はまじめに生きようと思う
世の為になることしょうと思う
こんな気持ちにさせてくれた大珠君に感謝したい

 

103: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:49:31 ID:7HrjL2d2O
自分を含む大抵の人は一時的に自暴自棄に陥って屑生活しちゃう気がする

 

272: 名無しさん@13周年 2013/08/05 12:54:33 ID:9zLlke7kP
>>103
屑生活しようにも余命宣告されるほど病状悪化してたら
せいぜい親や医者に愚痴たれるくらいしかできないんじゃないか?

 

109: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:51:41 ID:OWunVEI00
せめて女を抱かせて思い出を作らせてやればよかったのに
こやつの友人どもはこころが冷てーなー悪質非道だー
下手したら生きる力が出たかもしれねーのに

 

116: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:59:25 ID:8YwT6JXiP
>>109
好きでもない女と寝て何が楽しいんだよ
友人が見舞いにきてくれるだけでうれしいだろ

 

114: 名無しさん@13周年 2013/08/05 08:57:26 ID:CKe+A4EpO
少年よ最後まで諦めるな、
俺も医者から年を越せないだろうと言われた、まぁ、お互い頑張ろうや。

 

118: 喧嘩王 ◆jcJKhjDW36 2013/08/05 09:00:10 ID:xOJSWqpK0
そういや末期癌で余命宣告された外人が全財産使い果たしたら誤診だったって話があったよな(笑)

 

122: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:05:23 ID:JuwQd7V0O
これくらいの精神年齢だと、もう生きられないということをどう考えたんだろうか……

 

129: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:16:44 ID:mF+poF1/O
悔いなく生きろ(`;ω;´)

 

132: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:18:43 ID:YJGnypFC0
大人のガンでは本人に病名告知が当たり前に行われてるけど、
小児ガンでは告知は行われてなかったのね

それにしても、がん告知はする方もされる方も大変そう

 

133: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:19:21 ID:2Ze1d4PQ0
16歳か。好きな子とか絶対にいただろうに。

 

135: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:20:21 ID:ZCWkW1M60
小学生くらいの男の子が、小児ガンで逝くところ、もう意識がなく呼吸器をつけモニターがピコピコいってる中で、医者、看護婦、家族が見守ってる
臨終間近で、母親が看護婦に、「早く(自分の)髪の毛切ってください!あのこに持たせてください!早く!」と叫び出さす
看護婦は急いでハサミで母親の髪を切り、母親は意識のない子の力ない手に髪束を握らせ、「一人じゃないからね!私も一緒よ!」と言いながら手を握る
そして、周りがむせび泣く中臨終を迎え、医者が死亡を宣告する
という、小児ガンを特集した番組のワンシーンを思い出した

てか、書いてて思いだし泣きしてしまった・・・

 

565: 名無しさん@13周年 2013/08/07 22:49:56 ID:V2eylUJK0
>>135
それ私も覚えているよ。
その時にお母さんが妊娠中で、亡くなった男の子が「妹の名前は、はなこがいい」と生前に言ってたから、
生まれてきた子に華香とつけたんだそうな。
あの家族には幸せになってほしい。

 

570: 名無しさん@13周年 2013/08/08 01:05:23 ID:mRI3lDlFO
>>565
お母さんが『愛してるよ』って言うと男の子が『おで(俺)も・・・』
って答えるやつかな。
あれは涙とまんなかった

 

136: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:20:58 ID:DvlTRa6vP
祖父母を介護やなんだで10年ほど世話して看取ったが、
正直な話お金がものすごい事になる。親御さんもまだ若いだろうに、
終末医療が長引いたとしてもそれはそれで大変苦しいことになる。
命か金か、この辺り難しい問題だな。金があっても助かるとは限らないから
また別の問題として難しい観点でもある。

 

143: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:28:35 ID:+UtBD0B40
まあこの子も抗癌剤治療再開して欲しいと言ったりして生きたかったろうけど
たいていは苦痛が凄すぎて疲れきってて、楽になりたいと思うものらしいよ
看取る家族も死なないで欲しいというより、楽にしてやりたいと思う気持ちが強くなる
元気な状態であんたもうすぐ死ぬよと言われるのとは違うから
年が若くても案外受け入れられるものかもしれない

 

145: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:30:31 ID:WXPdLtvFO
ターミナルケアって、ターミナル=終着駅=人生の終わりって意味なのか。
誰もがいずれ到着するとは言え、辛いのう。

 

149: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:32:41 ID:SEaf3+Xk0
死を悲しまれるなんて羨ましいわ、やっと死んでくれたか、死んでくれないかなと思われるよりよほど幸せで羨ましい
そんな私は24歳ニートです

 

155: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:35:47 ID:1MslSx71O
小学5年生の時に同じ病気だった
あれから20年経過

 

204: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:17:38 ID:tw8j66VDP
>>155
良かったね
治った人の話は聞くだけでも元気づけられる

 

158: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:37:20 ID:vo3nblZaO
確か最遊記の作者が同じ病気だよな
女性なのに顔半分取ったとか言ってたけど、再発する可能性もあるのか

 

167: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:44:04 ID:YosjAhV90
痛みの為に下唇をかみ切って死んだ身内を持つものからすると、癌で眠るように死ねるように
なった今の時代が少しは医学の進歩を感じて感慨深い

 

182: 名無しさん@13周年 2013/08/05 09:52:06 ID:3GfQJTh5i
やめろスレタイだけで泣ける

 

195: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:00:42 ID:TnkB30Wt0
これだけ苦しんで死んだんなら来世は幸せが用意されてるかもよ
このニュースが流れていろんな人が物を考えたりするんだから短くても生きた意味はある
ちゃんと社会に影響を残したじゃないか
お勤めお疲れ様でした

 

197: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:04:20 ID:N9kzEtYOP
自分の場合は16歳の頃よりオッサンになった今の方が「生」に対する執着が強くなったような気がする。

 

208: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:26:14 ID:82FunQ8n0
>>197
俺もだ。昔は25ぐらいまで生きればもういいよwとか思ってたけど
元気でいられるなら100まで生きたいと思うようになった。

 

241: 名無しさん@13周年 2013/08/05 11:12:38 ID:WppeDCbw0
>>197
そりゃそうだ。いろいろな快楽憶えるしな
思春期特有の訳の分からない悩みからも解放されるし
ブラック以外の定職に就けばサラリーマンなんて気楽な職業だからねw

 

199: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:04:56 ID:J9s13eRY0
>主治医の高橋義行准教授(46)が二回に分けて余命を告知した

息子と同じぐらいの歳の子にこれは辛い…。

 

206: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:20:47 ID:MCslo5m40
がんの話題になると、
自らの理念の正しさを主張したいがために、
福島の子供たちに「がんになって欲しい」と願うものが居る

実に恥ずかしいことだ

 

217: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:45:13 ID:QcNKPl/vP
親は、子供の性格を把握しているから
その上で告知を選んだのだろうね。
自分はヘタレだから、「良くなってるよ」とでも言ってもらいながら
痛みを取るクスリや意識が朦朧となるクスリを投与しつつ
恐怖や苦しみを感じずに死んでいきたい。

 

219: 名無しさん@13周年 2013/08/05 10:46:56 ID:NLq94LFq0
友達と遊びたい、という最後の願いがつらすぎる

 

239: 名無しさん@13周年 2013/08/05 11:11:15 ID:t2P9MVnrO
部位によるだろうけど、末期がんは痛み止めのモルヒネを点滴していても白眼を剥く程の激痛だってね。
痛みに耐えられなくなったら、眠らせる薬を使って、そのまま永眠というコースらしい。

やっぱり老衰で死ぬのが理想だなー。

 

279: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:09:52 ID:NcEEd7lT0
朝起きたら自分の命の終わりが1日近づいてる
って言うのもつらいと思うよ
それが毎日続く
健康な時は余命告知はして欲しいと考えるとは思うけど

 

283: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:14:03 ID:xBFWnjaL0
>>279
回復すると思ってたのに、どんどん悪化していって、
あー死ぬのかなってなった時の絶望感。

 

282: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:13:30 ID:+/JWSXVtO
安楽死はいつ合法化するんだろうな
俺は医者とか看護婦って人種が大嫌いだし(素晴らしい方々もいるが、同じくらいクズも見てる)
子孫も残さないつもりなので、余命宣告受けたら身の回り整理して
後の処理してくれる親類か友人に遺産渡してさっさと逝きたいわ

 

285: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:27:07 ID:dpWnfQVE0
余命告知は止めて欲しいな

私だったら知りたくないよ

 

289: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:33:58 ID:+pwHYOqvO
>>285
以前は余命告知しない(もしくはまず家族に話す)理由がそう言う感情を考えて、って事だったけど、今は長期入院が難しいからガンガン告知する方向に動いてる

 

287: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:31:15 ID:J48jynwZO
実は俺35才だけど。、余命告知されてる。まだ4ヶ月もあるけど。死ぬまで、2ちゃんねるやるよ(´・д・`)

 

293: 名無しさん@13周年 2013/08/05 13:53:31 ID:pNWi0gdp0
いままで告知がなかったことに驚いた
自分は知りたいし、自分に関わるもっとも重要な情報を知らされないなんて
ひどく腹立たしい、ありえないとしか思えないけど、
やっぱ辛い現実は知りたくない人ってのもいるんだよなあ…

 

296: 名無しさん@13周年 2013/08/05 14:11:08 ID:/32+4venP
友人が今年ここで息子さん亡くしてて、このニュース見て泣いて電話してきた
友人の子も中学生で早く院内学級入れてもらって頑張ろうねって話してたけど数日で亡くなっちゃって
ほんとなら院内学級で一緒に勉強できたかもしれなかった子なんだと思ったら苦しくなって電話してきたんだと
すごいな、えらいな、頑張ったよねって泣きながら褒めてた
心の準備もできないまま亡くなる子も、告知を受け戦う子も、そして親も、本当に辛いな

 

317: 名無しさん@13周年 2013/08/05 15:02:26 ID:H9ZGfWT80
>>296
家族が入院してたけど、
ここの小児病棟は重病患者しかいないから、本当に戦場
見舞うだけで、生死観が一変する

友人の息子さんも、大珠さんもご冥福をお祈りします

 

299: 名無しさん@13周年 2013/08/05 14:26:18 ID:gZF67PWM0
いや、これはキツイ
最初の病院でメラノーマと言われあっというまに死んでしまう
って言われて
明日朝一でガンセンター行きなさい
言われた時は絶望したもんな
オッサンでも参ったのに高校生じゃあな

 

329: 名無しさん@13周年 2013/08/05 15:21:00 ID:MTF65L2a0
これぐらいの歳になれば、自分に使われてる薬や症状なんかから病名やおおまかな余命なんて解るだろ

今はネットがあるんだから<%2

 

 

 

ホイミ速報内の関連記事

 

 


 

 

 

※コメントの反映には最大60分かかります。

 

 

人気サイトの新着記事
【画像】やまぐちりこが大分市でキャバ嬢に…60分5000円、指名料1000円
【画像】EXILEのくそダサい豹柄DQNジャージが4万円wwww
【画像】モー娘。メンバーの幼少期の写真wwwwwwww
【画像】能年玲奈の可愛さが進化しすぎた結果wwwww
おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪
水樹奈々を超えると噂の美女声優wwwwww

 

 

 

 

 

コメント