ネットで話題の記事をチェックしよう!

【永遠の0】百田尚樹の感想「楽しめた」「出演者も素晴らしい演技」「大ヒットする」と絶賛。【至高の音楽クラシック永遠の名曲】

 公開日時:2013年12月21日16時01分(土)
      コメント(0) 
 タグ ⇒, , , ,


永遠の0、スレが少ない…(´;ω;`)

12月21日から公開されている映画・永遠の0。原作を手掛けた放送作家・小説家の百田尚樹(ひゃくたなおき)さんが、15日のイベントで「最高の映画だ。10年に1本でるかどうかの傑作だ」と自画自賛。

 

スレでは、永遠の0が好きな人と嫌いな人、ネトウヨの人とサヨクの人がアツい論争を繰り広げています。わたしも見に行きたいなぁ…

 

感想書こうと思って原作・小説も買ったんだけど、結局まだ読めてないっていう… 小説→映画って順番で見てしまうと映画が物足りなく感じてしまうので、映画→小説って流れの方が無難なんでしょうけどねぇ。

 

岡田准一主演・山崎貴監督の「永遠の0」。果たして興行収入がどれくらいになるのか、見ものですなぁ。個人的には、原作が300万部の大ヒットになっているし、2013年・2014年通してランキング上位に食い込むヒット作になるんじゃないかなぁと期待しています。 しかし、サザンじゃなくて長渕剛がよかったなぁ…

 

 

 

 

永遠のゼロ

 

 

引用元: 【文芸】“自画自賛”百田尚樹氏、『永遠の0』は「10年に1本の傑作」/著書『至高の音楽 クラシック 永遠の名曲』発売イベント

1: 禿の月φ ★ 2013/12/16 06:15:47
小説「永遠の0(ゼロ)」などで知られるベストセラー作家、百田尚樹氏(57)が15日、東京・福家書店新宿サブナード店で著書「至高の音楽 クラシック永遠の名曲」(PHP研究所、1890円)の発売イベントを開催。

映画化された「永遠-」(21日公開、山崎貴監督)について、「最高ですよ!」と太鼓判を押した。

試写会で同作を見た百田氏は「通常、原作者は(評価が)辛くなるけど、これは純粋に観客として楽しめた。10年に1本出るかどうかの傑作」と絶賛し、主演のV6・岡田准一(33)らキャスト陣についても「素晴らしい演技をしていただいてる」と感謝。2006年のデビュー作となる原作は300万部を突破しており、映画についても「大ヒットするね」と断言した。(>>2以降に続きます)

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20131216/oth13121605030005-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20131216/oth13121605030005-n2.html
画像:no title

 

2: 禿の月φ ★ 2013/12/16 06:16:01
>>1からの続きです)
 今回執筆した「至高-」は、19歳でクラシックに目覚めて以来、1日7~8時間は聴いている百田氏が、小説を執筆中に聴いている名曲など26曲を紹介するエッセー。

 「永遠-」のラストシーンを書いているときに聴いていたマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」など、自身が選んだ34曲入りのCD付きで、「初心者もマニアも楽しめる。CDだけでも2000円の価値があります」と胸を張った。

 「探偵!ナイトスクープ」などを手掛けた人気構成作家から小説家に転身し、「モンスター」(10年)や本屋大賞に輝いた「海賊とよばれた男」(12年)などヒット作を連発。11月には、NHKの最高意思決定機関である経営委員会にも選ばれた。
大みそかには同局で「紅白歌合戦」が生放送されるが、「今まで見たことないので、楽しみたいと思います」とほほえんだ。(了)

 

 

1.5: ホイミ速報 2013/07/06 07:22:46 ID:H0IMIS0K

 

 

水樹奈々を超えると噂の美女声優wwwwww
バイトバックれて店長に給料請求した結果wwww
おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪

 

 

おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪
新垣結衣のワキwwwwwwwwwwww
【100枚】勘違いブサイクの画像貼っていくンゴwwwww

 

 

107: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 12:10:28 ID:GBT84LLB0
山崎貴監督作品

ジュブナイル Juvenile(2000年7月)
リターナー Returner(2002年8月)
ALWAYS 三丁目の夕日 Always – Sunset on Third Street(2005年11月)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 Always – Sunset on Third Street 2(2007年11月)
BALLAD 名もなき恋のうた Ballad(2009年9月)
SPACE BATTLESHIP ヤマト Space Battleship Yamato(2010年12月)
friends もののけ島のナキ Friends: Naki on Monster Island(2011年12月)※八木竜一との共同監督
ALWAYS 三丁目の夕日’64 Always – Sunset on Third Street 1964(2012年1月)
永遠の0(2013年12月)
STAND BY ME ドラえもん(2014年夏)※八木竜一との共同監督
寄生獣 PART1 & PART2(2014年12月、2015年)

 

3: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:16:43 ID:i44cMTz30
バヤオがまた噛みついてくるぞ

 

4: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:19:15 ID:fvozoIPQO
文庫本と合わせて300万部だろ?
まぁそら名作クラスだわさ

 

24: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:29:11 ID:0TSn6shV0
>>4
ミリオンじゃなかったのか
300万も売れてたら印税凄いだろうな

 

108: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 12:13:57 ID:AxdWeo7o0
>>4
300万ってすごいな。「世界の中心」でもそんね売れた?
村上春樹ぐらいしか思いつかない。

 

7: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:23:58 ID:iKcBALVv0
バカウヨの鑑

 

8: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:24:10 ID:mJqDUTAP0
ファイティング原田とその時代の名選手たちを描いたノンフィクションはおもしろかった。

 

33: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:47:25 ID:NN6u4m2z0
>>8
そうか?
俺は駄作だと思ったなぁ
同じ表現の繰り返しで、まるで下手なインタビューを文字に起こしたかのようだった

 

9: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:31:38 ID:HPMPGaKA0
漫画はおもしろかったな

 

10: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:32:48 ID:Z7TwOZdg0
こいつって自分は昔かなり適当な生活してたことを棚に上げて今の若者馬鹿にしてた
昔の人間を調べて過去を美化したり今の権力者と知り合ったりしてるうちに自分も偉くなった気になっちゃったんだろうな

 

12: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:51:45 ID:3wciJHcm0
ひ…百田

 

19: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:11:00 ID:PQ6pYx0G0
>>12
合ってるぞw

 

20: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:20:03 ID:ibSQO2wGO
>>19
えっ、そうなの?

 

46: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:04:02 ID:nTyknlgqO
>>20
ひゃくたなおき

ももたではない

 

13: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:52:58 ID:PQrv8ssG0
試写会行ったけど三浦春馬と吹石一恵の演技が下手すぎた
ベテラン勢がうまいせいで下手さが際立って可哀想になるレベルだった

 

14: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:55:12 ID:f9hnI2e00
チャチャチャン♪
しかしまぁなんですなぁ~
誠も百田も中途半端やなあ!
僕みたいにプリンを豪快に使うとかせな!

 

15: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:57:30 ID:/hvC0eeb0
こいつ嫌い

 

16: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 06:57:38 ID:ItivzHF70
も…百田

 

17: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:00:27 ID:/hvC0eeb0
すきんへっど
関西人
ネトウヨ
放送作家
自己評価の高さ(自信家)

嫌な要素揃ってる

 

22: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:26:27 ID:vb8GWPf/O
12月13日公開
ゼロ・グラビティ

12月14日公開
カノジョは嘘を愛しすぎてる
武士の献立
映画かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご
仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦

12月21日公開
プレーンズ
フォンターナ広場 イタリアの陰謀
ルートヴィヒ
赤々煉恋
幕末奇譚 SHINSEN5 弐 ~風雲伊賀越え~
永遠の0
キューティー&ボクサー
パリ、ただよう花
レター
迷子のブヌーチカ
FLY ME TO MINAMI 恋するミナミ
ファイアbyルブタン
麦子さんと
ミトン
マンボーグ(日本劇場公開特別版)
ウォールストリート・ダウン
こねこのミーシャ

12月27日公開
劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-
ハンガー・ゲーム2

12月28日公開
皇帝と公爵
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密


さて

 

23: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:28:32 ID:6DV5VwuA0
政治の事も作家なのにまともな事言うからな

 

25: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:30:01 ID:Dk6GpA7F0
うさんくせー
コイツのこと好きな奴はネトウヨとみなせばいいのか

 

28: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:31:11 ID:0TSn6shV0
>>25
そう、こいつの事好きな奴はネトウヨ
著書が売れまくっていてブーメランになっているような気がするが気にするな朝鮮人

 

51: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:12:07 ID:im/WjT4u0
>>28
探偵ナイトスクープの「凍らせたブーメランパンツは戻ってくるか?」では、
しっかりブーメランは戻って来たしなw

 

27: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:30:35 ID:5XIHyuUo0
読んだことない、というか読もうとすら思わないけど
実際のところどうなのよ?

 

29: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:32:39 ID:sl+WVf9dP
>>27
騙されたと思って読んでみたら感動して泣いた。
映画も見ようかと思ってる。岡田君じゃ身長がたりないと思うが、ほとんどセリフも
ない役だしなんとかなるだろう。孫は下手でもなんとかなる、と思う。

 

44: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:02:35 ID:nTyknlgqO
>>27
俺は海賊の方が好きだが、0も面白いよ。
まあ好き好きだが、話題になってる作家さんだから騙されたと思って読んでみたら?つまらなく感じたとしても話のネタにはなる。

 

74: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:47:29 ID:aKjN/FEg0
>>27
俺がひねくれ者なのかも知れんが、全く感動しなかった。
登場人物が妙に現代的な、というか戦後の価値観を持っていて、
読み進めるほど萎えてつまらなくなってった。

まぁ感動した人が大多数なんだろうから、読んで損はしないのかも。

 

124: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 21:31:31 ID:rcXDkQnf0
>>27
戦争経験者の聞き込み部分は真に迫ってなかなか読み応えあった。
ただ、現代の人物劇があまりに陳腐すぎるので読むなら飛ばすが吉。

 

125: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 22:24:20 ID:Hp2YIzJk0
>>124
>戦争経験者の聞き込み部分は真に迫ってなかなか読み応えあった。

その部分は百田が参考文献として列挙してるノンフィクション本から
借りてきて抜書きした部分だから、百田が創作した部分との差が大きい

 

30: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:35:53 ID:4wFeVYXSO
原作宮部の設定が長身の色白だったので、岡田宮部には違和感がありすぎる

 

32: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:45:49 ID:l4eGCY4m0
壬生義士伝のパクリじゃん

 

36: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:49:43 ID:eSKA5OWgO
>>32
俺も思った

 

39: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:53:02 ID:3mswAK25O
ボックスは面白いと思ったけど永遠の0はイマイチ
クラシック好きだから至高の音楽も読んだ
ドイツマンセーでフルヴェンとか推してるから
俺とは趣味が合わんかったよ

 

40: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 07:54:07 ID:4ce323pQ0
テーマはよいが、絶対的に文章力に欠ける
面白いが、残らない
そのテーマの入門書みたいな感じだった

 

59: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:40:30 ID:RTB6615g0
>>40
参考にした資料寄せ集めしたような感じだよね
祖父も事実の人のネタいれてしまってるし
話のネタに読んでも、読み返したくなるとか本棚に置いておきたい本でもない

 

61: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:45:49 ID:pNIoqJjD0
>>59
それに完全に戦後視点だからな
あんな奴はいないよね

 

43: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:02:26 ID:YjLXuT7g0
永遠のゼロ以外にも面白い作品あるのかね
海賊、ボックスも悪くはないけど

 

50: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:12:01 ID:jMb/DsHlO
>>43
この人の小説は読んだこと無いけど、ファイティング原田の表紙に釣られて買った
「黄金のバンダムを倒した男」は面白かったよ

 

45: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:04:01 ID:OOrFPw8V0
ブラマヨの番組にゲスト出演した時に言ってたけど永遠の0は最初
原稿を出版社に送ったら封を開けてない状態の封筒を同封した状態で
着払いで送り返され、次に原稿を持ってあらゆる出版社を回ったが相手にされず
最後に個人的に知り合いがいる太田出版に持って行き読んでもらったところ
普段は小説は出さないところだけどおもしろいねということで出版されたと言ってた。
その人は永遠の0が大ヒットしたことで今は太田出版の社長をしてる。

 

54: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:15:14 ID:W0jo9Ajf0
>>45
ベストセラーでこの手の話はたまにあるけど、本当なのかねえ。
封を開けずに着払いで送り返すのは悪質ではあるけど、「中身を全然見ずに
一方的に評価を下してる」のでまだ理解できるが、持込でちょっとでも読んで
もらって全然相手にされなかった作品がベストセラーなんてありえることなのか?

 

64: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:08:28 ID:EyhynplD0
>>54
浅見光彦シリーズの内田康夫が確かやられてた。
江戸川乱歩賞に出したけど編集が審査する二次で落とされて、仕方無く自費出版したらそれが評判良くて、
出版社の編集が「なんでうちの賞に出してくれなかったんですかー」と言ってきたので、
「出したけど落とされたんだよ」って答えたら編集者が真っ青になったって話がある。

 

66: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:24:11 ID:jAq+0QOL0
>>64
基本的には駄作しかない江戸川乱歩賞では参考にならない

 

48: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:09:08 ID:sLDQePDH0
予告だけで安っぽい泣きの演技連発で萎える
今の邦画大作を作る監督はこの辺大げさで下手な野郎多いよなあ
単館系なら上手いの多いんだが
この山崎って監督はその下手な感動演出やる監督の最たるもんで
寄生獣の映画化もこいつが監督やるけど駄作決定だろうな・・・

 

56: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:24:50 ID:jMb/DsHlO
>>48
なんか編集がテレビっぽいんだよね
黒澤作品なんか予告編も面白いんだけどな
七人の侍のとか、 隠し砦の三悪人のとか
椿三十郎のは、対峙する三船敏郎と仲代達矢がかっこいいけど
あれも黒澤明が演出したのかね?

 

58: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:35:53 ID:sl+WVf9dP
>>56
そんな日本が誇る天才と比較しちゃ気の毒だろww

 

52: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:12:18 ID:NYqodBFf0
わざわざ自分の価値を落とすようなこと言わんでいいのに

 

55: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:20:42 ID:kKVT4l9h0
まぁ戦争を題材にした「いい話」だな
大岡正平の「野火」のほうが同じ戦争を題材にしていても、人間を深く探求している

 

60: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:44:14 ID:kKVT4l9h0
一気に読める読みやすさの点では才能があると思う
東野圭吾と同じタイプ
ただ美文家ではない

 

62: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 08:48:36 ID:+LixJhP80
か…髪の毛

 

65: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:13:32 ID:tjv0shUY0
俺は原作を読んだけど、クライマックスで号泣でした。
映画はどこまで再現されてるか見物

 

68: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:30:25 ID:Mg6mubGm0
原作は現代パートの出来が拙くて大して良いとは思わなかったんだど
ただ、プロットは良かったから「上手く映画したらすごく面白そうだな」
って感じていた。最初から小説というより映画の脚本のようだった。

 

71: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:37:33 ID:WIN9+jx+0
戦争や特攻に初めて興味持った若者はこの小説を読んで、
自分の国の歴史を知るきっかけにしてほしい。
40歳を過ぎて、この小説がすばらしいとか言ってる者は、
己のアホさを恥じるべきだろうな。(´・ω・`)

 

72: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:42:17 ID:2HZ1gzv3i
古い本絶賛するのは良いけど、今出した本は
こいつ基準ですでに駄作なのかな
ていうか、いまどきクラシックの名曲集なんて、
50曲ぐらい入りでも数百円で買える・・・

 

75: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:48:24 ID:3YtA9nh/0
「永遠の0」を読んでみたけど死にかけの連中を含めて
皆さんもの凄く60数年前の記憶が鮮明で、まるで戦史でも
読むかのような語り口で日付まで詳細に話されていました。

最後のシーンは確かにいいんだけど、小説としてのできはどうなんだろう。

 

84: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:16:35 ID:F5r/lNm50
>>75
自分の人生を左右したような事を鮮明に覚えていない方がおかしくないか
少なくとも宮部の記憶が曖昧だった人はあまりまともな事を言っていないと思うが

 

77: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:51:44 ID:Ndd/WsNv0
「男たちの大和」を超えられるか。

 

79: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:53:35 ID:kKVT4l9h0
太平洋戦争で「歩兵」としてガダルカナル辺りで戦った人にこの小説の感想を聞いてみたい

 

80: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 09:53:55 ID:hyFmi4DQ0
戦争、特攻話ではなく、生きる事、生き続けることの大事さを説いた小説。
もしこの世に悲観した人がいるならば、ぜひ読んで自分の命を見つめ直してほしい。

 

82: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:08:06 ID:PJtSw5Dv0
>>80
あまあまのスイーツ()

 

134: 名無しさん@恐縮です 2013/12/17 22:01:05 ID:t0vfG5bJ0
>>80
ほんの帯かよ

 

85: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:16:48 ID:ciYqpHYd0
>>1
梶原一騎の青春山脈
あらすじ

太平洋戦争で特攻第1号として散った兄を持つ火野正人。
激しい兄弟愛ゆえに卒業後、自ら特攻隊に志願し
兄の意志を継ごうとするが、戦闘機の故障により失敗。
日本の無条件降伏により終戦をむかえる。
生きる目的を見失い、自暴自棄から「火乃正一家」を構えヤクザの親分となった。
そんな正人の心を救ったのは生前兄が愛した女性、水上昌子とその甥、直樹との再会だった。
兄に代わって影ながら母子を見守り支える事に生きがいを見つけた正人。
だが「火乃正一家」の進出を恐れる「鬼門組」との抗争に水上親子を巻き込んでしまう。
組の解散と逮捕・服役という代償を払い抗争は終わったかに見えた。


↑これも戦争で命を落とした恩人の奥さんと子供ををたずねたら
やくざの情婦として囲われてしまっていたので
殴りこんで救出して自分は服役すんだよね・・・
永遠の0を最初に読んだよき、これ丸パクリじゃね!?って思ったわ

たぶんマジでパクったんじゃないかなぁと

 

86: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:20:17 ID:vayXM4FX0
この映画がヒットしたら
出資してるアミューズが韓国ミュージカルに大金を投じるんだろうな

これにはネトウヨも困惑ですわ

 

88: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:39:37 ID:b/UUZcgLO
今も現役の放送作家なんだだから、
いまいちなんて言うわけないだろう。

 

90: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:46:17 ID:YVRf4HZy0
あらすじを読んだがよくありがちな綺麗なお話やね。

 

91: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 10:52:28 ID:RnOVsXSX0
映画が公開される何ヶ月も前にNHKに出てペラペラ喋ってたわ
そして、そのあとアベの友達としてNHKの委員に
どんなもっともらしいこと言っても、ヤッてること見たら説得力なんかあらへん

 

95: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:07:10 ID:F5r/lNm50
サヨクの人って
騙されない自分かっこいいって感じのナルシスと多いな
ここ見るとつくづく思う
文民はバカで自分は賢い...市ねばいいよそんな選民思想のクズ

 

96: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:07:59 ID:04pt/6Gh0
PHP研究所って…ねぇ

 

100: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:17:13 ID:3mswAK25O
なんでウヨサヨの話になるんだよw
百田の作品は良くも悪くもテレビ屋の小説
読みやすいのは確かやな
湊かなえとか高野和明とかもそう

 

102: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:36:42 ID:Zsq5Pj8U0
映画の最後長渕の歌が流れたところでグッときたわ

 

117: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 20:38:59 ID:Hp2YIzJk0
>>102
えええええええっ~~そうなの?
男たちの大和の最後
くろうじゅよあああっあ~~~~いず♪
には参ったぜ

また映画の最後で居た堪れない思いしなくちゃならんの

 

103: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:37:11 ID:Qz/kw6lT0
この人って、もろに安倍総理の信者みたいな感じなんでしょ
時の権力者に擦り寄る元放送作家(要は業界人)の小説家とか、まったく信用できないな
今やたらと推されてるのも、政権と仲良しだからなんじゃないの

 

104: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:40:36 ID:yRwDTiiu0
確かに。
この人の他の小説は面白くない。

 

105: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 11:52:57 ID:jAq+0QOL0
これがヒットしたのって実力?

それともドラッカー甲子園みたいにマスゴミのステマのおかげ?

 

109: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 12:22:23 ID:KQtmR7tD0
確かに高野和明と同じ系統の人だと思う。
楽しめるのだけど、彼らの作品には奥行きが感じられない。

 

110: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 12:58:03 ID:yc5WLebXP
画面が悪い意味で凄い綺麗な作りになってるんだよ

戦中の悲惨な感じが皆無w

名にコレw 戦争環境ビデオかなんかでしょうか? 岡田のイメージビデオ?w

ヒドイつくり

見る価値なし

 

145: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 14:37:53 ID:ChRbiw7QP
>>110
戦争映画は悲惨じゃなきゃならんの
昔の日本映画は戦争娯楽映画とか普通に作ってたんだけどね

 

153: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 15:08:58 ID:nVtQemrY0
>>145
「独立愚連隊」は最高だよな。
ラストを悲惨と受け取るかどうかはともかく。

 

113: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 16:44:01 ID:uvKqSuAZ0
永遠の0って小説なのか?

途中から百田がああすれば良かったのにって書いてるだけにしか見えなくなったわ。

 

114: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 16:46:15 ID:yRwDTiiu0
>>113
海賊と呼ばれた男を読め
完全に小説でも何でもないから

 

115: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 16:50:33 ID:uvKqSuAZ0
>>114
0は百田の戦争の総括だよね。

爺さんの話が百田が喋ってるようにしか見えないもん。

 

119: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 21:04:10 ID:+5MyKJuP0
ベートーヴェン「エロイカ」―不意に凄まじい感動が舞い降りた
バッハ「平均律クラヴィーア曲集」―完璧な音楽
モーツァルト「交響曲第二五番」―天才がふと見せた素顔
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」―当初酷評を受けた、二十世紀を代表する名曲
ショパン「一二の練習曲集」―超絶技巧の演奏でなければ真価は味わえない
ベルリオーズ「幻想交響曲」―失恋の苦しみが生んだ狂気と前衛の曲
モーツァルト「魔笛」―田舎芝居に附された「天上の音楽」
ベートーヴェン「第九交響曲」―聴力を失った後の「最後の戦い」
シューベルト「魔王」―最後にデーモンが顔を出す
ヴァーグナー「ヴァルキューレ」―新手法「ライトモティーフ」の麻薬的な魅力〔ほか〕

 

120: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 21:05:33 ID:zXPz7rtW0
制約の多いジャニなんか使わなきゃよかったのに

 

121: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 21:08:05 ID:Nkvg/e6K0
放送作家上がりの人でしょ?そういう人が書いた小説という感じがする

 

123: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 21:30:42 ID:Hp2YIzJk0
>>121
テレビ作家上がりだからバラエティ脚本作るみたいに底本を集めて
切り張りしてストーリーをでっち上げるのは巧いよね
でもそれだけだからな

 

126: 名無しさん@恐縮です 2013/12/16 23:54:28 ID:QZZKXESa0
このハゲの大阪の田舎もん何とかならんか
こないだ東京の全国区の番組でコメンテーターやってたけど
東京の地名とかまったく知らなくてアホ丸出しだった
田舎っぺは大阪から出るな!

 

130: 名無しさん@恐縮です 2013/12/17 20:16:29 ID:20Wes8kR0
>『永遠の0』はつくづく可哀想な作品と思う。文学好きからはラノベとバカにされ
>軍事オタクからはパクリと言われ、右翼からは軍の上層部批判を怒られ、
>左翼からは戦争賛美と非難され、宮崎駿監督からは捏造となじられ
>自虐思想の人たちからは、作者がネトウヨ認定される。
>まさに全方向から集中砲火」

みんな集まってるか?

 

131: 名無しさん@恐縮です 2013/12/17 20:27:33 ID:yQVx0Fuc0
原作読んだけど、作中に何度も出てくる零戦がどうのこうのって事細かに説明する行がだだ長過ぎて、作者がただの戦争オタクなんだろうなとしか思えなかった。

 

135: 名無しさん@恐縮です 2013/12/17 22:43:25 ID:McwICVm+0
原作の高山の描写が端役とはいえ、あまりにチープ過ぎる。
宮崎駿をはじめとする左系が噛みついたのはこの部分に脊髄反射しただけだろ。w
あと、映画のキャスト見て感じたのは吹石一恵のなんとなくバカっぽい雰囲気が
原作の姉のイメージと合ってる。

 

140: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 13:59:50 ID:FTXNTJIs0
主演がジャニの不細工大根ゴリ押しチビって時点で見る気がしない
どうせ安っぽい学芸会

 

147: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 14:47:53 ID:mDMyZ8f90
この映画で女子高生とかが靖国問題なんかに興味を持つといいな

 

148: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 14:53:39 ID:uGeTYC9R0
永遠の0は、ぜひ読んで欲しい

 

149: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 14:54:49 ID:I10oO1sJO
太平洋戦争の大まかな流れや飛行機に関するある程度の知識を理解するには非常に優れた要約、描写だと思う。それだけでも読む価値大いにあり。

ただストーリーに関しては個人的にはかなり稚拙でチープな感じはした。
ちょっと気恥ずかしくなるくらい。

だからあくまで「ラノベの延長」だとは思う。
薫り高い文学性はない。まあなくてもいいとは思うが

 

150: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 14:58:05 ID:AowBnMoS0
>>1
亡くなった祖父のことを知ろうと、
孫らがゆかりの人物に会って話を聞く度に、
祖父の人生を時系列に沿って順序よく説明される不思議。

荒唐無稽すぎてストーリーに入り込めなかった。

自己犠牲で泣かせようという仕掛けもわざとらしすぎる。

「泣ければ何でも良い」という安直な企画でつくられた
エンターテイメント小説だから、
それを否定すると何も残らないのだろうけど。

 

151: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 15:01:21 ID:jB0Eokeb0
この人何の番組の作家だったっけ?
探偵ナイトスクープだったかな?

 

152: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 15:06:11 ID:/4SPQr950
彼女の親父さんが面白いと言ってたので読んでみたが、
たしかに文章力がどうかなあ、っていう部分は感じた。
もう少し簡潔にまとめていい個所って相当数あると思う。
ラストのやくざのくだりは彼女曰く
「ちょっと作りすぎかな」
と不評だったw
ちなみに、読後まもなく池井戸潤作品にはまったので、一回も読み直してない。
池井戸潤氏くらいのテンポ良い文章ならなあ・・・。

 

155: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 19:59:38 ID:tfSlKSmv0
岡田きらいだから見ない

 

156: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 20:05:25 ID:b+YHOMwh0
空戦やパイロットの描写がエースコンバットっぽかった

 

157: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 20:09:20 ID:lSlRUPZs0
永遠の0はあの世界的有名人のオノヨーコが知人に面白いから、と薦めるほどの傑作。

 

160: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 21:33:58 ID:KrqIgA9r0
まあ好みの問題はあるとは思うが、この小説が面白くないという人は
どんなのが面白いんだろう。
これまで小説は1000冊以上読んでいると思うが、少なくともここ5年で読んだ作品の中では
一二を争う面白さだった。

 

163: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 01:34:11 ID:Bnqz4Q050
>>160
どうして1000冊()以上読んで
浅田次郎にヒットしなかったのか理解に苦しむ
見栄張ったんだろうけど

永遠のゼロはパクリ作品な時点で評価に値しない
構成が、じゃない。いや構成もだけど(笑)、
ストーリーはもちろん、1ページまるごと文体をパクってる所もある

そして、文章能力は残念ながら厳密な意味で月とスッポン
たとえ話ではなくて、本当に月とスッポン位に作家としてレベルが低い
浅田次郎の戦争文学も読んでないんだろうなぁ・・・

 

176: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 08:59:57 ID:fM5etOJLO
>>160
面白いとは思ったがそこまで絶賛はしないなあ。
ストーリー展開的にちょっと陳腐だし。

ちなみにここ数年で読んだ中で一番面白かったのが「吾輩は猫である」(笑)
いや冗談抜きで最高のエンターテイメントであり文学作品。

 

161: 名無しさん@恐縮です 2013/12/18 22:15:36 ID:f3+9iabz0
パクリじゃなけりゃあな
梶原一騎の青春山脈読んでみ

 

166: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 02:58:40 ID:hGpmGXSs0
>>161,163
百田の作品がはっきりわかるパクリ作品なら、そこそこ本は読んでる日本中の書店員達が本屋大賞に推したりせんわな。
つまり、パクリだと思ってるのはお前らくらいだということだ。

 

171: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 04:46:16 ID:4O4YXXg70
>>166
あまりに古い作品だからなぁ
だけど読んでみれば分かるが、びっくりするぐらいそのままで笑うぞ
戦後のやくざ周りのいざこざから美談まで、キャラの配置やエピソードが
細部までまんま同じ

 

177: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 20:57:45 ID:Bnqz4Q050
>>166
馬鹿じゃねーのか?
壬生義士伝のあとがきで百田本人がパクリですって言ってるのに
それについての浅田次郎の公式見解は無し
499ページの文体は壬生義士伝のある1ページと全く同じ
そう、口調と登場人物を入れ替えただけで全く同じ

 

186: 名無しさん@恐縮です 2013/12/20 06:20:55 ID:/3kfAdr80
>>177
本人がそう書いてる分はパクリだろうが、ネタ元がパクリより売れないのはなんでだろうねえ?
同じように面白いはずなのにねえ?

何とか言ってみろよ。

 

195: 名無しさん@恐縮です 2013/12/21 01:08:16 ID:TQnplsUvO
>>186
浅田次郎て結構コンスタントに売れてる気がするけど…

 

164: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 01:42:47 ID:b55jsrcJ0
多読は人間の精神の硬直化をもたらす
それよりも1冊の古典を精読し思索を重ねるほうがはるかに勝っている
きけわだつみのこえのほうがこころに訴えるものが大きいと思う

 

167: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 03:43:09 ID:upcIpVZZ0
書店員が「戦艦ミズーリに突入した零戦」みたいな大東亜戦争を題材にした
ノンフィクション読んでるとは思えないけどな
書店員たちが最も近づきたがらないジャンルじゃないの
知らなきゃ指摘も出来ないし

 

170: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 04:33:55 ID:mshqFBgu0
海賊と呼ばれた男も早いうち映画化したほうがいいな
これはかなり半沢と共通するものあるし。海賊ってことでワンピ好きも
流れてきそうだし。で永遠の0の勢いもあるし

 

172: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 04:48:37 ID:3JYk3lgx0
この映画見たいと思ってたのにこいつが最近やたらでしゃばるから見る気がなくなってきた

 

174: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 05:18:37 ID:O0iZmAGF0
日本出版史上最も発行部数の多い文庫本が『永遠の0』
しかもこれがデビュー作
まさに天才中の天才

 

178: 篠籠田 2013/12/19 21:33:41 ID:Zj+Ao17+0
あるテレビ番組で、一つの作品を書くのに何百冊もの本を読んでいる、
などと自賛吹聴していた百田尚樹だが、作家なら皆やっている事なんだけどね。

重要なのは、膨大な資料の取捨選択をする事。

ある有名作家は「集めた資料の9割は捨てろ」と言ったが、
百田の場合は「集めた資料の9割は使わにゃ勿体ない」
という考えでやっているみたいな感じだな。

 

203: 名無しさん@恐縮です 2013/12/21 11:24:49 ID:YxDMNZrJ0
>>178
皆やってるとは言えないんじゃね
山崎豊子の手法をまねてる気はするけどね

 

179: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 21:36:54 ID:5r8yAeZG0
大東亜戦争と呼ぶ位右寄りの百田の原作の映画主題歌が
ネトウヨが反日と叩いてたサザンなんだけど
この事についてネトウヨはだんまりなの??

 

187: 名無しさん@恐縮です 2013/12/20 10:31:21 ID:FIj6TqUTO
>>179
「蛍」に反日の内容は入ってないよ

 

180: 名無しさん@恐縮です 2013/12/19 21:43:03 ID:4O4YXXg70
いろんな過去の名作のいいとこどりのパクリで書いてるんだろうな
そのパクリ方があからさま過ぎてムカつくが

誰でもやってるとはいえ、そのまんまパクる作家は嫌いだし
それで大成功してるともっと嫌いになるわ

 

193: 名無しさん@恐縮です 2013/12/21 01:02:22 ID:v4FhBy530
百田って探偵ナイトスクープつくってた
あのモジャモジャ頭の百田だったのかwww
今まで気が付かなかったwww

 

198: 名無しさん@恐縮です 2013/12/21 11:05:58 ID:6lZRT/eI0
コンビニでフライデーみたら
お馴染みのジャニーズマンセー記事で映画を絶賛してたが
何故か特定ヨシフ参議院議員様が、特定秘密法批判コメントを
映画に絡めてブッコんできてたw

映画宣伝見る限りだと、栃林秀が本当に監修したのか?ってくらい
ショボいCGだし、主演はジャニと子供女優だし、主題歌はサザンだし・・・

まったく零戦なんぞに興味を持ってなかった世代を引き込んだことに
多少は感謝すれど、俺は祖父たちの零戦や渡辺 洋二の作品群でも読んで
名も無き若い日本人たちを偲ぶ事にするわ

 

200: 名無しさん@恐縮です 2013/12/21 11:08:14 ID:S/eoUtH10
ルポタージュ風小説とおもった
とりあえず姉ちゃん泣きすぎ

 

201: 名無しさん@恐縮です 2013/12/21 11:10:46 ID:oDqppBjJ0
原作読んだけど
朝日新聞記者らしき人物が出てくるよなw
すげえムカつく役で

 

 

 

ホイミ速報内の関連記事

 

 


 

 

 

※コメントの反映には最大60分かかります。

 

 

人気サイトの新着記事
【画像】やまぐちりこが大分市でキャバ嬢に…60分5000円、指名料1000円
【画像】EXILEのくそダサい豹柄DQNジャージが4万円wwww
【画像】モー娘。メンバーの幼少期の写真wwwwwwww
【画像】能年玲奈の可愛さが進化しすぎた結果wwwww
おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪
水樹奈々を超えると噂の美女声優wwwwww

 

 

 

 

 

コメント