ネットで話題の記事をチェックしよう!

おまいら父ちゃん・母ちゃんに親孝行してるか?泣けるコピペを貼って行く【パート6;親子】

 公開日時:2015年02月13日01時44分(金)
      コメント(1) 
 タグ ⇒


シリーズ第6弾、まだまだ親子編続きます

泣ける2ちゃんコピペシリーズ第6弾です。今回も親子の話。もうちょいしたらほかの話も出てきますw

 

今回は父親や母親の病気・障害の話が多かったように感じました。親の介護、老後は面倒見なくてもいいって言われているんだけど、どうしようかなぁとは思ってる。認知症になってしまった親の介護って相当大変らしいです…うちの母親は脳梗塞の傾向があるので心配(´・ω・`)

 

 

泣けるコピペ・泣ける2ちゃんシリーズの一覧ページ

泣ける2ちゃん長文コピペシリーズは全部で30記事以上になる予定です。

 

更新情報はこちらからご覧ください 泣けるコピペ一覧ページ

 

 

【ネットの反応・感想・意見などがサムネ下に続きます】

 

 

 

 

 

 

 

 

20121027021841

 

 

 

引用元: 暇なので泣けるコピペを貼って行く

74: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:15:42.35 ID:MxH7/mRw0.net
多発性硬化症という難病に侵されてから早10年が経ちますね。

生死の狭間を彷徨うこともありましたが、今日まで生きてくれて何よりです。
あなたの意識がない時、父は嗚咽にまみれて泣いていましたよ。
父があんなに取り乱したのは初めて見ました。

私はあなたに似たのか涙一滴流れませんでしたよ。

あなたは、私がいじめにあっていた幼い頃、
「自分が正しいと思うなら理不尽なことで泣く必要はない。」と言いましたよね?
私は必ず帰って来ると信じていました。あなたの意志を継いで泣きませんでした。

あなたは障がいを負って正気を取り戻して以来、以前のあなたではなくなった。
「一人息子の母がこんなでは将来、貴方の嫁に見せる姿がない。」と弱音を吐き、
父の前で涙していますね。

その涙は理不尽な涙だ。
そんな理由で、あなたが泣く必要はない。

もう少ししたら、将来の嫁を連れて行くよ。
どこかあなたに似ている女性さ。小柄だが頑固で美人だぞ。

あなたが泣くのはその時でいい。

十数年ぶりに俺も泣くだろう。

23年間世話になったね。本当に感謝しています。
これからも末長くよろしく。

こんなの面と向かって言えないんだよ。つまらんとこが似たね。

この想いは、知らない誰かに聞いてもらうとするよ。

75: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:16:35.73 ID:MxH7/mRw0.net
戦後間もない頃の話、昭和30年頃

専業農家で育ったカーチャンが、
小学生だった頃まで、牛を飼ってたそうだ

その牛に朝夕、畑の草を食わせに行くのが
カーチャンの仕事の一つで、毎日散歩のようにやってた

小さい頃に家にやってきたその牛は、ひどくなついて、
何も言わずともカーチャンについてくるようになって
本当に仲良しになった

しかし、数年経ってカーチャンが中学生になったある日・・・

カーチャンが学校から帰ると、家の前にトラックがとまってた
カーチャンがバーチャンに「これ、なんのくるま?」と聞くと
「・・・牛、連れて行くんよ」
カーチャンはそれで全てを悟って、泣き叫んで暴れて嫌がった

それを見た牛はポロポロと大粒の涙をこぼしだしたんだ

それで牛は、自分がどうなるかを悟ったかのように、
動かず暴れたりせず、立ったまま泣くだけだった

牛はトラックに乗せられてポロポロ涙流したまま
カーチャンをずっと見てた

そこでバーチャンが
「あぁ、あれはあんたを妹のように思ってたんねぇ」

カーチャンが正気に戻ったとき、
業者もバーチャンもカーチャンも牛もみんな泣いてたそうな

業者が言うにはそこまでの牛と娘はめったにいないとか
そういう経験を経たカーチャンは、今でも動物を愛するバーチャンになってる

人間は他者の死の上で生きてることを忘れちゃいけない、
とカーチャンが教えてくれた時、言われた話

77: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:18:41.20 ID:MxH7/mRw0.net
泣けはしないけど、こんな話をしてみる。さっきの話なんだけど。


最近、母が編み物をし始めた。
私が何を作ってるのかと聞くと、「マフラー」と答えた。
母はオレンジ色の毛糸で編んでいたので、
「流石にオレンジは派手すぎるだろ;」と思い
「この色は変だよ!しかもこの毛糸編むと固いじゃん、痛いって」と言うと
「うるさいわねぇ。私が家で使うからいいの!!」とキレられた。

それから私は、母がそのマフラーを編んでるのを見るたびに
「やっぱ変だって」なんていうのを言ってた。

でさっきリビングに降りてみると、母の机の上には、
また違う編みかけのマフラーが置いてあった。
今度は銀色に近いグレーの毛糸だった。

私は「なんでまた同じのつくってんの?」と思い、
丁度リビングで仕事をしていた父に、
「お母さんまた同じの作ってんの?もういいじゃん」と言うと、
「お前が前に酷いこと言ったからだろ」と言われた。

話が全然つかめなくて父に聞き直すと
実はあのオレンジのマフラーは私のために作ってくれていたらしい。
そう言えば私は最近母に「喉が痛い」と言っていた。

私が「変だ」と言ったから、
わざわざまた新しい毛糸を買いに行って作り直して………

私はこの時初めて母にとても酷いことをしていたんだと知った。

母を傷つけたんだと。
私は少し泣いた。

明日の朝になったら、母に謝ろうと思う。

78: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:19:42.98 ID:MxH7/mRw0.net
私は小さいころから指を鳴らすのが癖になっていた。

いつも母親が「母さんみたいな指になるからやめなさい!」

と言って自分の手を見せる。

母親の指は関節が太くて、第一関節がまっすぐに伸びない小さな手。

こんな手になるからダメだというけれど、私は指を鳴らすのをやめなかった。

だって母さんの手が大好きだったから、

きれいな手じゃないけれど大好きな母さんの手だったから。

別に関節が太くなろうがなんだろうが、好きな手だから別に構わなかった。

けど、なんか怒られてるわけだし、その度ごめんなさいと言って、

思ってることは黙ってた。

母は高校の時に死んでしまったけど、

母さんの手が大好きだから関節太くなっても気にしなかったんだよって

手紙を書いて棺桶に入れた。

伝わってるといいな。

今でも指は鳴らす癖は治ってない。

79: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:20:34.79 ID:qB4wA7/j0.net
またお前か














見てる

81: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:25:02.22 ID:MxH7/mRw0.net
>>79
お~覚えてくれてる人が居た!!
ありがとうございますm(_ _)m

80: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:24:19.21 ID:MxH7/mRw0.net
俺は兄貴と母さんと3人暮らしだった。
父さん死んでから貧乏になったけど、母さんは明るく振る舞っていた。
母さんはパート、兄貴は学校終わると、週に5日車修理屋のバイト。
俺はそんな2人の帰りを待ってるだけだった。

俺は4歳からバイオリンを習ってた。
苦しい家計の中、兄貴のバイト代から月謝を出し続けてた。
安いアパートに引越してから、さらなる貧乏生活が始った。
夕飯は白飯と半額になったお惣菜の日々・・・。
前の家の様にバイオリンの練習も出来ない環境だった。

だからなるべく学校の音楽室で練習してた。


407 :( ´∀`)ノ7777さん:2009/11/30(月) 10:20:26 ID:vc8J5ppH0

あるクリスマスの日、頑張ってる兄貴と母さんに
プレゼントしたくて万引きをした。
スーパーの入口で売ってる花を母さんに。
ユニクロの靴下を兄貴に。

包装してないからすぐにバレて兄貴は「返してこい」と。
母さんは「ありがとう、一緒返しに行こう」と。
俺は母さんとスーパーへ行った。店の店長に母さんは何度も謝った。
店長は「いえいえ、この花はもう要りませんから。どうぞ。」
と言って俺にくれた。

次にユニクロへ行って、母さんが靴下のお金を払い、
俺の分の靴下も買ってくれた。
帰り際に母さんが
「ごめんね、あんた達の靴下破れてたのに買うの遅くなって」
「でも、もう万引きはしないでくれる?」


408 :( ´∀`)ノ7777さん:2009/11/30(月) 10:21:46 ID:vc8J5ppH0

——あれから6年——

俺が20歳になった時だった。
母さんがパート先で倒れた。過労のせいだった。

母さんが死んじゃう前に少しだけ話しをした。

母さん「おぼえてる?」
俺「何を?」
母さん「あんた、店で1番立派な花を万引きしたろ?」
俺「うん」
母さん「母さん今でもはっきり覚えてるよ」
そんな会話だった。

いつも明るかった母さん。
毎年クリスマスが近づくとせつなくなる・・・。

今年はあの時より立派な花を母さんに贈ります。

ありがとう

82: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:28:54.06 ID:MxH7/mRw0.net
うちの親父は、軽い知的障害を持っていた。
早くから職人として修行を積んできたので稼ぎはあったが、
普段の生活がトロい。

お袋は、そんな親父と幼い俺を捨て家を出た。

親父は俺を溺愛して一生懸命に育ててくれた。
親父の怒った顔は見たことがない。
小さい頃は大好きだったけど、思春期が始まった頃からは
親父のトロさが嫌で嫌で、堪らなくなった。

中学2年のある日、弁当を持参する日に親父が弁当を作ってくれた。
みんなパンとか買っていくので俺もそのつもりだったけど、
起きたら親父が嬉しそうに弁当作ってた。
正直鬱陶しかった。

しかもできあがった弁当を、小一のときの俺に見せたのと同じ笑顔で
「ほら、お弁当だよ」と見せた。
俺は朝飯を食いながら「ああ」と気のない返事をして、
醤油を取ろうと手を伸ばしたら、
その手がぶつかって弁当が床に落ちてしまった。
わざとぶつけたのかも知れないが、よくは覚えていない。

親父は子供のように
「○○のためにつくったお弁当が落ちちゃった!」とパニックになった。
俺はその様子にうんざりして、
無言で家の財布から500円を抜いて
「これでパン買うから!」とそのまま家を出た。

その後、大人になって社会に出て、結婚して子供ができて。
時間が経つに連れて親父の優しさ、ありがたさ、
そして思春期のときに取ったあのことへの後ろめたさが大きくなっていった。
あの弁当をどれだけ苦労して、どれだけの想いで作ってくれたのか、
そしてどれだけ親父を傷つけてしまったのか。

俺に子供ができたとき、親父は赤ん坊を抱きながら
何度も俺の名前と間違えて呼んでいた。

そんな親父があっけなくガンで死んだ。
死に際、意識を取り戻して俺の顔を見ると、俺の手を取って
「ごめんな、ごめんな」と謝ってばかりいる。
絶対に言って欲しくないと思っていたら、
案の定、親父は「お弁当ごめんな」と言った。

俺は涙と鼻水で息が詰まりそうになった。
横では女房が自分のことのように鼻を垂らして泣いていた。
それを見て、こいつは一生大事にしようと思った。

83: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:31:50.21 ID:MxH7/mRw0.net
母が認知症になった。
施設には入れずに、自宅で介護を続けてきた。
施設の見学には行ったが、施設のことが詳しく分かれば分かるほど、
母をそこに入れることが不憫に思えた。

3年後。懸命な介護にもかかわらず、母の認知症は進んだ。
その頃には私も介護に疲れ、少しのことでイラつくようになっていた。

ある日、家の庭に野良猫がやってきた。
母は猫を指差し、「あれは何だい?」と訪ねてきた。
私は「あれは猫だよ。」と、少し冷たく答えた。

母は1分もしないうちに私に訪ねた。「あれは何だい?」
「母さん。さっき言っただろ?あれは猫だよ。」私は少しイライラしていた。
母はまたすぐに言った。「ねぇ、あれは何?」
私は感情にまかせて母を怒鳴った。
「母さん!何度も言ってるだろ!あれは猫だよ!!分からないの!!」
母は恐れるような眼で私を見つめ、それからは黙っていた。

その後すぐに、私は母を施設に入れることにした。

母の荷物をまとめるために部屋を整理していると、古いノートが何冊も出てきた。
パラパラとめくって中身を見ると、それは母の日記で、
私を産んでから数年間、毎日のように書かれたものであった。

私はハッとした。
それを読んでも母を施設に入れる気持ちは変わらないと思ったが、
なんだか申し訳ない気持ちになって、なんとなく読み始めていた。

内容はありふれたもので、
『私が初めて〇〇をした。』というようなことがほとんどであった。

私は大した感動をすることもなく1冊目を読み終えると、
2冊目の日記を読み始めた。


6月3日。
もうすぐ4歳になる息子と公園に行くと、
1羽のハクセキレイが目の前に飛んできた。
息子は「あれは何て言う鳥?」と、私に何回も何回も訊いてきた。
私はその度に「あれはセキレイって言うんだよ。」と、言って息子を抱きしめた。
何度も訊いてくれることが、私をこんなに穏やかにしてくれるなんて。
この子が生まれてきてくれてよかった。
ありがとう。


読み終わった私の目には涙があふれ、
母のもとに駆け寄り、やさしく抱きしめながら泣きじゃくった。
母は、そんな私をただやさしく撫でていた。

84: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:32:47.47 ID:MxH7/mRw0.net
進学のために実家を離れて一人暮らしを始めた頃のこと。

新しい生活の何もかもが上手くいかなくて、少しまいってた時期があった。
頼れる人どころか友達すらまだほとんどいなくて、気晴らしといったら
実家に用もなく電話することくらい。
といっても、家族に向かって弱音吐くのは 恥ずかしいから当り障りのない
話ばっかりしてたんだけど。

でもある日、母親と電話で話してて、ついポロっとね、きてしまった。
あー、もう実家帰りたいなー、って感じで。
で、うわヤバい!とか思いつつ必死に平静を装ってたんだけど、微妙に
感づかれたらしくて「泣いてんの?」って言われた。
当然私は「泣いてないよ、やだなぁ」って笑って誤魔化して、その時は
それ以上つっこまれることもなく電話を切ったんだけど、その数日後に
母親から手紙が一通届いた。

「あなたがそちらで泣いていても母は行ってあげることができません。
だからあなたが泣いていると辛いです。あまり泣かないで」

文章がクサいよ、母!って思いながら思わず泣いてしまった。
ただ、この人の娘で良かった、って本当に思った。
私はまだまだ頼りなくて弱っちいけど、いつかちゃんと恩返ししたい。
だからお願いします。その日まで元気でいてください、お母さん。

 

 

1.5: ホイミ速報 2013/07/06 07:22:46 ID:H0IMIS0K

 

 

水樹奈々を超えると噂の美女声優wwwwww
バイトバックれて店長に給料請求した結果wwww
おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪

 

 

おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪
新垣結衣のワキwwwwwwwwwwww
【100枚】勘違いブサイクの画像貼っていくンゴwwwww

 

 

85: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:34:45.70 ID:MxH7/mRw0.net
姉の結婚式のとき。
姉と一緒に写真を撮っていたら、
不意に、メールが届いた。

件名「ほしい」
内容「ちちも しやしん」

親族控え室を見回すと、
何事もないかのように祖父らと談笑する父の姿が。
でも、時折チラチラとこちらを見る父。

「お父さんも一緒に撮ろうよ!」と声をかけたら、
「ん?写真は苦手なんだけどなー・・・
お前たちがそう言うなら仕方ないなー・・・」

と言いながら寄ってきた。

そのときの写真を、携帯の待ちうけサイズにしてあげたら
「俺は親ばかじゃないから、こんなのいらん!」
と言ってたくせに、

後日
「しやしん まちうけ ほうほう おしえて」
と、メールが来た。

86: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:38:37.84 ID:MxH7/mRw0.net
死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな

親父は食うのが早くて、自分が食い終わると、
怒ったような顔でオレが食べるのをじっと見てた。
「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。

こないだ初めて子供とラーメン屋に言ったら
美味しかったらしくガツガツ食うわ、
あせって水飲むし、ちっこい手で丼つかんで
スープ飲んでハァハァいってる
可愛かった

そしたら息子がちょっと嫌そうに
「ねぇなんでじっと見てるん?怒ってる?」

あ..

オヤジ・・・

87: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:40:29.55 ID:MxH7/mRw0.net
子供の時はお母さんをただのケチだと思ってた。

高校生になった私はウザいとしか思わなかった。

一人暮らしを始めて、三食の食事や掃除に洗濯、なんて恵まれてたかわかった。

私が挑戦したい事はとてもお金が掛かる事だった。

お母さんは少しだけ悩んですぐに私を応援してくれた。

お母さんは成人した私と姉のおさがりを「お母さんはこれで十分」と、

着ていた。化粧品も親戚からもらう試供品がほとんど。

でもいつも私を助けてくれるお母さん。

お母さんは自分のものは買わないでバカな私を助けてばかり。


お母さんお母さんお母さんどうして私をそこまで信じてくれるんですか。

私はもう24才なのにあなたにまだ甘えたいです。

お母さんお母さん本当にいつもありがとう。

私が強気なのはあなたがいてくれるからです。

どうか神様、私のお母さんをまだまだ元気に生かして下さい。

どうか私に時間を下さい。

大好きなお母さん、お願いだからもう少し待ってて下さい。

88: 猫武士@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 15:41:47.68 ID:MxH7/mRw0.net
先日、一人でテレビを見つつ、酒の肴に鍋を食べていた。
自分なりに、見切りのアラとか、そこそこ野菜も贅沢した上で満足して
ハフハフ食べていたとき、なんか思い出したことがあった。

あれは、俺が中学一年の頃、親父が亡くなって半月ほど経った日だった。
それまでバタバタ非日常の日々を送っていた母と俺、そして弟がやっと
落ち着いてコタツを囲んで鍋を突付いてた日のことだった。

確かあの日も、近所のスーパーで魚のアラが安くて、母が買ってきて
鍋にしよう、と言ったんだと思う。
親父が飲み残していた酒を「もう飲まないからいいよね」と母が
どぼどぼ鍋に注いで、ああ勿体無いなぁと話したのを覚えている。

ぐつぐつ煮立っている音とは別に、弟がいきなり泣き出した。
ほんとうに突然泣き出したんだ。俺はそれをすごく女々しいと思い
「お前が泣いたらお母さんが泣いちゃうだろ。泣くな!」と強がって
言ったけど、そうしたら、母も泣いちゃったんだよね。
つられて俺も泣いた。わんわん、三人で泣きながら鍋を食べた。

ふと思い出したことだけど、あれは家族の情景というにはあまりに過酷で
切ない思い出だった。今の俺には、その切ない思い出を共有できる人が
居ない。それもとても寂しい。

26: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 13:12:35.87 ID:zoR3AW3G0.net
no title

泣けるコピペ・泣ける2ちゃんシリーズの一覧ページ

泣ける2ちゃん長文コピペシリーズは全部で30記事以上になる予定です。

 

更新情報はこちらからご覧ください 泣けるコピペ一覧ページ

 

 

 

 

ホイミ速報内の関連記事

 

 


 

 

 

おまいら父ちゃん・母ちゃんに親孝行してるか?泣けるコピペを貼って行く【パート6;親子】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントの反映には最大60分かかります。

 

 

人気サイトの新着記事
【画像】やまぐちりこが大分市でキャバ嬢に…60分5000円、指名料1000円
【画像】EXILEのくそダサい豹柄DQNジャージが4万円wwww
【画像】モー娘。メンバーの幼少期の写真wwwwwwww
【画像】能年玲奈の可愛さが進化しすぎた結果wwwww
おかん脅してパチンコ代3万もらったンゴ♪
水樹奈々を超えると噂の美女声優wwwwww

 

 

 

 

 

コメント(1)